ベトナム株投資状況(2018年10月)

プロフィールにもちらっと書いているのですが、実は2009年9月にベトナム株投資をスタートし、9年以上もバイ&ホールドしています。

これからベトナム株投資を始めようと考えている人の役に立つかはわかりませんが、せっかくですので、投資開始時からの運用状況を公開したいと思います。

投資を開始した2009年9月から2018年10月末までの資産推移は以下の通りです。
赤線が日本円で左側のメモリ、青線がベトナムドンで右側のメモリとなっています。

当初50万円で開始したのですが、その後しばらくはリーマンショックによる円高の影響もあり、順調に資産が減少。
一時は50万円が30万円近くまで減ってしまいました。

その後は株式市場の回復やアベノミクスによる円安、最近の堅調な株式市場などを背景に、10月末時点の資産は812,129円になっています。

この9年で、当初の50万円が約1.6倍に増えたことになりますね。

しかし、資産が数倍、数十倍に増えることを期待して投資を開始したということもあり、正直なところ、ちょっと物足りないリターンではあります。。

現在保有しているのは、以下の11銘柄です。

・ACL(クーロンフィッシュ株式会社)
・BVH(バオベトグループ)
・CII(ホーチミン市インフラ投資株式会社)
・FPT(FPT株式会社)
・GDT(ドゥックタイン木材加工株式会社)
・IMP(イメックスファーム医薬品株式会社)
・KHP(カインホア電力株式会社)
・LCG(第16リコジ株式会社)
・STB(サコムバンク)
・TDC(ビンズオン建設資材開発販売株式会社)
・VNS(ビナスン株式会社)

保有株数などは次回以降、公開したいと思います。

ほとんどの銘柄はベトナム株投資開始当初に購入したまま放置している状態ですので、もしかしたら、いつの間にか上場廃止になっている銘柄もあるかもしれません。。

これまでは基本放置していましたが、これからはアクティブにベトナム株投資を行っていければと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする