トルコリラ&メキシコペソでスワップ投資(42回目)

月曜恒例、トルコリラ&メキシコペソのスワップ投資状況を公開します。

まずはじめに、先週1週間でたまったスワップは以下の通りです。

トルコリラ:263円(先週比+198円)
メキシコペソ:265円(先週比+180円)

トルコリラ、メキシコペソともに、スワップは前週比で大幅なプラスとなりました。
年末年始にかけてスワップ付与が不規則になっていましたが、それが解消され、ようやく通常通りに戻ってきたというところです。

ただ、トルコリラの方はほぼ年末前の水準に戻りましたが、問題はメキシコペソ。
年末前に300円前後で推移していたものが、現在は265円。まだ35円も低い水準となっています。

この原因として考えられるのは、メキシコペソ円レートの下落でしょうか。

現時点では5.64程度の水準で推移しています。
先週の5.5円台後半と比べると若干回復していますが、それでもここ数か月はメキシコペソ安の状況が続いています。

メキシコペソ安はスワップの低下に直結するはずですので、やはりこの影響が最も大きいと思われます。

・・・といろいろ書いてきましたが、ここであーだこーだ書いても何も変わりませんので、結局は今後も何もせずに見守っていくだけではあるのですが。。

さて、現在のレートはトルコリラ円が19.6、メキシコペソ円が5.64という水準です。

トルコリラ円はついに19円台まで下がってきましたので、2週連続になりますが、100通貨買い増ししました。
そして、メキシコペソ円も同じく100通貨だけ買い増しすることにしました。

よって、現在のポジションは以下のようになります。

■トルコリラ
3,500通貨+100通貨=3,600通貨(平均約定レート:25.896)

■メキシコペソ
34,800通貨+100通貨=34,900通貨(平均約定レート:5.821)

買い増し後のレバレッジは2.88倍。

買い増し余力はまだありますので、今後も下げてくるようでしたら、引き続き買い増しを進めていきたいと思います。

最後に、これまでのスワップ推移です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする