チャート分析(2019年1月20日)

先週に引き続き今週も、FXTFで運用している6つの通貨ペアについて、月足、週足、日足のチャートを順に見ていきたいと思います。

①AUD/CAD

AUD/CADは現在、0.95台前半の水準です。

月足:1月3日の暴落で-3σまで下落したものの、現在は-1σあたりで推移。

週足:基準線と+1σの間で推移。

日足:移動平均線(75日)にサポートされると同時に移動平均線(60日)がレジスタンスとなりつつ、-1σと基準線と間で推移。

日足ではボリンジャーバンドが収束し始めています。

まだ収束し切ってはいないように見受けられますので、すぐに大きく動き出すことはないかもしれませんが・・・
日足で-1σ(0.94台後半)を下抜けると-2σ(0.94台半ば)が見えてきそうです。

週足の基準線が0.94台半ばに位置していることもあり、下げ始めたとしても一旦はこのあたりで止まるのではないでしょうか。

②NZD/CAD

NZD/CADは現在、0.89台半ばの水準です。

月足:移動平均線(75か月)にサポートされつつ、-1σと基準線の間で推移。

週足:+1σがレジスタンスとなりつつ、移動平均線(50週、60週、75週)あたりで推移。

日足:-1σと基準線の間で推移。

日足で-2σと移動平均線(75日)がほぼ重なっていますので、まずはこのあたり(0.88台後半)を目指す展開になりそうです。
それを下抜けますと、日足の-3σと週足の基準線がどちらも0.88台前半に位置していますので、ここを目指して売りが進む可能性も視野に入れておこうと思います。

どちらにしましても、短期的には、下落方向に動くような気がしています。

③AUD/CHF

AUD/CHFは現在、0.71台前半の水準です。

月足:-1σあたりで推移。

週足:基準線と+1σの間で推移。

日足:+2σがレジスタンスとなりつつ、+1σと+2σの間で推移。

日足ではボリンジャーバンドが拡大し始めていますので、この流れに乗って上昇していってくれることを期待したいです。
その際の目安は、週足の+1σ(0.72台前半)あたりでしょうか。

日足の+3σも現在はほぼ同じ水準に位置していますので、急上昇した場合は一旦このあたりで止まるのではないかと思います。

もう少し時間をかけて+2σに沿った形で上昇していくようでしたら、週足の+1σや月足の基準線が位置する0.73台半ばが見えてくる可能性もありそうです。

④NZD/CHF

NZD/CHFは現在、0.67台前半の水準です。

月足:-2σにサポートされつつ、-1σと基準線の間で推移。

週足:移動平均線(50週)がレジスタンスとなりつつ、基準線と+1σの間で推移。

日足:+1σにサポートされると同時に移動平均線(50日)がレジスタンスとなりつつ、+1σと+2σと間で推移。

日足ではこの1週間、移動平均線(75日)と移動平均線(50日)の間の狭い値幅で推移していたように見受けられます。
ボリンジャーバンドが収束してきていることもあり、どちらかに抜けてきますと、一気に動き始める可能性もありそうです。

ここ数週間程度はニュージーランドドルが弱いこともあり、どちらかというと下方向に動き出すような気がしています。
その場合は、月足の-1σ、週足の基準線、日足の-1σが位置する水準(0.66ちょうどあたり)が下落目途として意識されるのではないでしょうか。

⑤EUR/CHF

EUR/CHFは現在、1.12台後半の水準です。

月足:-1σと基準線の間で推移。

週足:基準線がレジスタンスとなりつつ、-1σと基準線の間で推移。

日足:移動平均線(75日)がレジスタンスとなりつつ、+1σと+2σの間で推移。

ボリンジャーバンドが拡大し始めていることもあり、どちらかというと上方向に動くような気がします。

ただし、ここしばらくの間は何回も1.134あたりで上値が抑えつけられていますので、ここを抜けられるかどうかがキーになりそうです。
抜けられない場合は、再度1.12台半ばあたりまで反落するのではないでしょうか。

⑥GBP/CHF

GBP/CHFは現在、1.28台前半の水準です。

月足:基準線がレジスタンスとなりつつ、-1σと基準線の間で推移。

週足:+1σがレジスタンスとなりつつ、基準線と+1σの間で推移。

日足:+2σあたりで推移。

この1週間、この通貨はかなり上昇してきています。
ボリンジャーバンド上は+2σと+3σの間で上昇し続ける、いわゆるバンドウォークの状態です。

このままバンドウォークを続けることができるのか、それとも一旦調整が入るのか、引き続き注視していきたいと思います。

調整入りした場合、少なくとも1.27あたり(日足の+1σや週足の基準線)までは視野に入れておきたいところです。
もしかすると、日足で上昇を開始する前の1.25台半ば(週足で-1σ)もあるかもしれません。。

ということで、それぞれの通貨のチャートを見て、今後の見通しを立ててみました。

ある程度継続して検証を進めていき、将来的にはこの見通しをもとに自動売買運用の設定も柔軟に変更していきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする