資産運用状況(2018年8月4日~8月10日)

週末恒例、自動売買の運用状況を公開します。

8/4~8/10の1週間で確定した損益は以下の通りです。

今週の確定利益は4.2万円。
先週に引き続き平均利益(7.8万円程度)は大幅に下回りましたが、先週よりは利益を確保できました。

が、今週はそんなことを言っている場合ではありません!

まず1つ目は、NZドルが弱すぎ&スイスフランが強すぎという点。

オセアニア通貨として豪ドルとNZドルは比較的似た値動きとなることが多いのですが、NZドルは今週、利下げ示唆のサプライズがあった模様です。
その影響により、NZドルだけがひたすら売られる展開となっています。

一方、スイスフランはやたらと強い気がしています。
今週はリスク回避の動きが強まりましたので、円やスイスフランが買われるのは理解できなくはないのですが、NZドルとの組み合わせであるNZD/CHFは含み損が急拡大しています。。

2つ目は、トルコリラの急落。
取引会社によっては、トルコリラ円が一時16円割れまで売られた模様です。

アメリカとのいざこざが原因とのニュースが流れており、一刻も早く安定してほしいところです。

現在使用している取引会社のスクリーンショットを載せておきたいと思います。

はい、かなり含み損が拡大しておりまして、精神的にそろそろ限界が近づいているようにも思います。

含み損はインヴァスト証券が332,836円、FXTFが1,506,019円となっています。。
合計すると200万円に近い金額になっていまして、この運用を開始してからの確定利益合計を上回ってきています。

さらに、トルコリラ円は今回の急落により、ポジションの半分を決済しています。
その損失が136,498円。ということで、合計するとほぼ200万円ですね。。

こういう状況になってきますと、この資産運用だけで生活していくのはリスキーだなと思わずにはいられません。
ブログ収入など、他の収入源を確保する必要性も再確認しました。

あと、不本意ではありますが、会社勤めの安心感も感じてしまいました。。
金銭的に損するリスクなしで毎月一定の金額を得られるのは、やっぱり大きなメリットですね。

他の収入源の確保は継続していくとして、この資産運用は何らかのルールなど、大きく損しないための仕組みづくりが必要と思い始めています。

現在の候補は以下の通りです。

・自動売買での資産運用は、先進国通貨(USD、EUR、GBP、AUD、NZD、CAD、CHF、JPY)のみを対象とする。

・含み損が一定金額を超えた場合や、為替が比較的落ち着いているときなど、何らかのタイミングで、含み損の大きいポジションを決済していく。

まだ検討中ですので、具体的な内容は今後詰めていきたいと思います。

今回の局面を耐え切れるかはわかりませんが、追加入金など、可能な限り対処していくつもりです。

「含み損がだいぶ少なくなりました」と来週は書きたいですが、さてどうなりますことやら・・・。

最後に、これまでの運用状況の推移です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする