資産状況(2018年10月末時点)

月が替わりましたので、2018年10月末時点の資産状況を公開します。

10月末時点の資産は30,213,470円。

9月からは35万円程度のプラスとなり、3か月ぶりに3,000万円の大台を回復しました。

この内訳としては、投資損益が約30万円のプラス、それ以外の損益が約5万円のプラスとなっています。
やっぱり、投資損益の回復が大きく影響していますね。

さらに投資損益の内訳を確認してみますと、インヴァスト証券が約20万円のプラス、FXTFが約25万円のプラス、仮想通貨が約10万円のマイナスという結果です。

インヴァスト証券は預けている金額のわりに比較的大きなプラスとなりましたが、一方でFXTFは物足りない印象です。
預けている金額はFXTFの方が4倍程度多いため、プラス幅も4倍程度多くなってくれてもいいような気がするのですが・・・FXTFは200万円程度の含み損を抱えていますので、その分は11月以降にプラスを計上できる余地があると考え、今後の値動きに期待することにします。

仮想通貨は相変わらずボラティリティの乏しい状況が続いていますが、それにもかかわらず10万円程度のマイナスを計上することになってしまいました。
このまま継続するより他の投資に資金を回した方が効率的なのではないかとも考え始めています。

今年もあと2か月ですので、そろそろ1年間の損益を気にする時期になってきました。
含み損のポジションは損失を確定させておいた方が税金面で有利になりますので、仮想通貨についてはその点を踏まえて検討し、年末までに何かしらの手を打ちたいと思います。

だいぶ遅くなりましたが、前回(9月末時点)の資産状況公開時にも記載しました通り、米国VI投資を再開しました。

10月末時点の資産を集計後に再開しましたので、11月末の資産には貢献してくれることを期待しています。

ここまで投資関連の話を書いてきましたが、投資以外の損益が5万円しかプラスになっていない点も気になります。

今まで支出についてはあまり気にしていませんでしたが、今後セミリタイアすることも考えると、何にいくら使っているのか、節約できるところはないか、などを分析することも必要に思えてきました。

時間のあるときに分析し、その結果も公開していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする