成田空港の搭乗ゲート前で突然アンケート依頼が!?

今回利用するIT201便は94番ゲート。

出国手続きした場所からはだいぶ離れていまして、10分弱で到着です。

時刻は11時46分。搭乗開始まで、まだ30分以上あります。

まずはフリーWi-Fiの速度をチェックしてみます。

ダウンロードが2.80Mbps、アップロードが1.29Mbpsという速度は、空港にしてはかなり遅いような。。
空港に来た際に毎回必ず測定するようにしているのですが、今まで測定してきた中でもワースト1位か2位あたりの速度だと思います。

そんな感じで回線速度を測定したり、ゲームをしたりしていたところ、けっこう若そうな女性が近づいてきました。
そのときはベンチの端に座っていましたので、真ん中の方に行きたい人たちは前を横切っていくのですが、その女性は右斜め前あたりで足を止めました。

どうやらその女性は「国土交通省の調査員」だそうで、アンケートをお願いしてまわっているとのこと。
街中で「アンケートを・・・」と話しかけられたら早歩きをして拒否することが多いのですが、ここは成田空港。逃げ出す場所もないため、とりあえずアンケートに回答してあげました。

2ページにわたるアンケートで、自宅から成田空港までどうやって来たかとか、どのくらいの時間がかかったかとか、そういう内容がほとんどでした。
個人情報は住所(~市まで)と年齢&性別程度ですので、まぁ大丈夫でしょう。

このアンケートの内容が有効に活用されて、成田空港がより一層発展していってくれたらうれしいですね。
期待せずに待ちたいと思います。

その後は、パソコンでちょっとした作業をしていました。
空港でパソコンを使うのは今回が初めてですが、まわりでもパソコンを使っている人は何人もいましたので、特に違和感ありませんね。

フリーWi-Fiの速度がダメダメなので、スマホからテザリングでネットに接続して作業しました。

・・・が、ベンチに座ってパソコンを使うのはけっこう疲れるんでよね。

ひざの上に置いて使うことになりますので、パソコンはだいぶ低い位置にあります。
そのせいで、おそらく首も普段より曲がっていますので、負荷もかかります。

ということで、あまり長い時間続けていたら、すぐに疲れてしまいそうです。。

やっぱり、少し早く来てパソコンを使うような場合は、ラウンジに行きたいところです。
楽天のプレミアムカードに入会してプライオリティパスをゲットし、ラウンジを利用できる環境を整えようかと真剣に考えています。

セミリタイアするとクレジットカードの審査に通らなくなるそうですので、その前に入会する必要がありそうです。
また、セミリタイアすることにより、空港を使う機会も増えると思いますので、年会費(10,800円)の元は取れるんじゃないかと思います。

そんなこんなで、12時半くらいになり、ようやく搭乗手続きが始まりました。

これから乗る飛行機を見つつ、機内へと進みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする