成田空港内散策後は顔認証ゲートでスムーズに出国手続き完了!

台湾のSIMカードを購入した後は、もう少しだけ成田空港内を散策してみました。

昔懐かしい公衆電話が何台か並んで設置されています。

携帯・スマホが当たり前の時代になりましたが、テレホンカードとか、いまだに使ってる人いるんですかね。。
携帯を持っていないお年寄り用なのか、それとも携帯・スマホのSIMカードを持っていない外国人観光客用なのか・・・。

どのような用途なのかは定かではありませんが、設置されているということは今でも一定の需要があるということなんだとは思います。

お次はセブンイレブンの入口に配置されていたお菓子類。
さすが海外への玄関口というだけあり、英語も併記されていますね。辛い物が多いのは、需要があるからですかね。

成田空港第2ターミナルに来ると、最近はN’s COURTというところでハンバーガーを食べるのが定番になってきているのですが、今回は東京駅で「ダブルチョコ オールドファッション ドーナツ」を食べてしまったため、お腹が全く空いておらず・・・
今回は空港では何も食べないまま、出発することにしました。

空港内をある程度散策した後は、搭乗口に向かいます。

まずは保安検査場で荷物チェック。
ベテランと思われる人が、新人と思われる人たちを教育している場面を、たまたま目にしました。

「土曜日なのに、お疲れ様です。日本の安全を守ってくれてありがとうございます。」という感じです。
空港は土日祝日なんか関係ないんだと思いますし、やっぱり大変な仕事ですよね。。

出国手続きは(日本のパスポート所持者だけだったと思いますが)完全に機械に切り替わっていました。
この機械は顔認証ゲートというそうなのですが、その機械にパスポートを読み取らせて、顔写真を撮影するだけで完了となります。

お手軽でいいいのですが、切り替えたばかりということもあり、自分も含めてみんな慣れてないんですよね。
なので、サポート役の空港職員さんが常時ついてくれているみたいです。

ちなみに、この機械で出国手続きしますとパスポートにハンコを押さずに出国することになるのですが、ハンコが欲しい人のために、顔認証ゲートの奥にハンコ押し要員が待機していまして、希望する人にはハンコを押してくれるそうです。
正直なところ、「ハンコ押し要員って必要なの?その分の人件費を削減すればいいのに・・・」と思ってしまいました。。

出国手続き後は京葉銀行の両替所が目に入ってきましたので、レートをチェックしてみました。

台湾のレートは4.14。
出国手続き前と同じレートですので、成田空港で両替していくのであれば、どのタイミングで両替しても問題なさそうです。

とはいえ、そもそもレートが悪いので、日本の空港で両替すること自体、おススメできないというのはありますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする