台北のハイパーマーケット大潤發(中崙店)へ潜入!

龍山寺駅の後は、忠孝復興駅にやって来ました。

ここに来た目的は、大潤發というマーケットです。
巨大なお店ということで以前テレビで紹介されていたのをたまたま見ましたので、一度行ってみることにしました。

大潤發は台北に数店舗あるようですが、基本的にはMRTの駅から離れていたりしてアクセスがあまりよくないようです。
そんな中で、中崙店は忠孝復興駅からわりと近いところにあるということですので、観光で行くなら中崙店がおすすめです。

Googleマップで調べてみたところ、徒歩7分という結果に。

Googleマップの表示を見てもわかるように、大潤發の中崙店は「ハイパーマーケット」と表示されています。

普通はスーパーマーケットだと思うのですが、、
スーパーマーケットの規模をはるかに超えているためでしょうか、期待が高まります。

忠孝復興駅の駅前にあるスヌーピーから出発しまして。

Googleマップの通りに進みますと、10分程度でGoogleマップの指し示す場所に到着です。

が、大潤發の看板などが見当たりません。。

それから周辺をくまなく見て回ったところ、ようやく大潤發を看板を発見!
「地下へ進め」という絵になっていますね。

ホントに階段を下りた先が入口になっていました。
巨大なハイパーマーケットの入口がまさか地下にあるとは、思ってもみませんでした。。

営業時間は朝7時半から夜23時までとのことです。

そして、ついに地下2階の入口に到着。さっそく中に入ります。

店内の様子です。
ハイパーマーケットというだけあり、ものすごく広いです。

個人的には、果物の種類の多さと安さにビックリしました。

産地にもよりますが、キウイフルーツは1つ9元(約33円)から。

ドラゴンフルーツは500gで49元(約181円)。

日本産のリンゴは3つで109元(約403円)。
やっぱり、日本産はいい値段しますね。。

柳丁(みかん)は1つ6元(約22円)。あんまり甘くなさそうです。。

南アフリカ産の香吉士(サンキスト)は10個で89元(約329円)。

サンキストってどんな果物ですかね。
見た目はオレンジみたいですが、日本語でも聞いたことないですし、ネットで調べるとワンピースのサンジって出てきますし・・・。

もちろん、果物以外にもいろいろなものが売られています。
いくつか写真を撮ってきましたので、ご紹介します。

まずは野菜。

次は魚。

牛乳。

パン。

あと、写真は撮っていませんでしたが、バスタオルも売られていましたので、1つ購入。

たしか日本円で400円くらいだったと思います。意外に高いです。。

そして、お店を出る際に目に入ったのがこちらです。

エスカレーターなのですが、人間用だけでなく、カード用までありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする