基隆夜市にて豚の丸焼きを発見!インパクトのあるオレンジジュース売り場も!?

士林夜市の美食区でがっつり夕食を堪能した後は、まだお腹がパンパンな状態がおさまらず、士林夜市内をしばらく散策していました。

しかし、お腹が満たされている上に、物欲とか特にない・・・という状態では、士林夜市といえども魅力的なものがないように見えてしまい、次の目的地に向かうことに。

といっても、次の目的地は特に決めていませんでしたので、何となく台鉄に乗ってみました。

そして、基隆にやってきました。
目的地はもちろん、基隆夜市です。

基隆夜市は前回台湾に来た際に初めて訪れたのですが、台北市内とはまた違う雰囲気で、けっこう満喫できましたので、今回も行ってみることにしました。

基隆夜市の様子はこんな感じです。
時刻はすでに21時半ということもあり、ピークは過ぎているように思います。

こちらは何やらビニールハウス(?)のようなもので覆われています。
半年前に来た際はお寺だか神社だかになっていて、お参りしている人もたくさんいたんだけどな・・・と思い、中をのぞいてみました。

すると、何かイベントのようなものが開催されていました。
劇のようなものでしょうか。写真を撮るだけでなく、もう少しよく見ておけばよかったかな、と今になってちょっとだけ後悔しています。。

ちなみに、観客はほぼ満員です。もともとそんなに広くはないスペースですので、奥にお参りに行きたい人たちの通行の妨げになっていたようにも思います。
夜市の中でこういうイベントが開催されているというのも楽しくていいですね。

その後は引き続き、基隆夜市を散策してみます。

すると、ものすごくインパクトのあるものが目に飛び込んできました。

拡大してみます。

まさかの、豚の丸焼きです。
この豚が微笑んでいるようにも見えるのがちょっと不気味です。

興味はあったのですが、士林夜市で食べたものをまだ消化しきれていなかったため、食べるのは諦めました。。
もう少し、ペース配分を考えながら食べるべきですよね。

お次はこちらです。

オレンジジュースを売っているお店なんですが、周囲に置かれているオレンジの皮がインパクトあります。
オレンジの皮なしで普通にオレンジジュースだけ売っていたら、それほど目にとまることもないと思うので、やっぱり売り方は重要ですね。

せっかくですので、50元(約185円)のコップの方を購入して飲んでみました。
オレンジ100%ですので、美味しくないわけがないですよね。

そして最後に、排骨酥のお店へ。

50元(約185円)の小さいサイズを注文したのですが、ちょうど売り切れてしまったようです。

おそらく売り切れということを伝えたかったんだと思いますが、店員さんが中国語で何やら話しかけてきました。
もちろん聞き取れるはずもなく、???な空気を出していたところ・・・「ちょっと待って!」といきなり日本語が飛び込んできました。

日本語はその一言だけでしたが、それだけでもありがたいですね。
いま作ってるからちょっと待ってということだと思いますので、作ってる様子を観察しながら待つこと数分。

ついに排骨酥をゲットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする