半年前のリベンジ成功!?士林夜市の「香鶏排」にて巨大なフライドチキン(碳烤鶏排)を堪能!

宿泊先ホテル(Ours Inn)に何とかチェックインして一息ついたら、時刻はすでに18時をまわっていました。
お腹が音を鳴らして食べ物を要求してきましたので、夜市に夕食を食べにいくことにしました。

Ours Innの2号館から最も近い中山駅まで徒歩で移動し、MRTの淡水信義線に乗ります。

向かった先は剣潭駅。18時40分頃に到着です。

駅前は人が多いです。

剣潭駅に来た目的はもちろん、士林夜市です。

個人的には、台北に来たらまずは士林夜市に行かないと始まらないと言いますか、とりあえずここに来ることにしています。

まず向かったのが、こちらのお店です。

写真の通り、香鶏排というお店でして、台北に来たら誰もが必ず1回は食べるであろう、巨大なフライドチキンを売っています。

巨大なフライドチキンを売るお店といえば、個人的には、今までは「豪大大鶏排」だったのですが、台北を訪れるたびに食べていたらちょっと飽きてきてしまいまして・・・前回台北に来た際に新しいお店を開拓しようと思い、食べたのがこちらのフライドチキンです。
前回食べたときは「豪大大鶏排」よりも、「香鶏排」の方が美味しく感じられましたので、今回もリピートしに来ました。

・・・とここまで書いてきて今さらですが、「豪大大鶏排」とか「香鶏排」って、お店の名前なんですかね。
そのつもりで書いてきましたが、間違っていたらお恥ずかしい限りです。。

さて、この「香鶏排」のお店は、ただ単に前回美味しかったからという理由だけでなく、実は1つやらなくてはならないことがありまして。

このお店はものすごい人気店なようで、前回も行列に並んで順番待ちしていたのですが、その際にスマホを落としてしまったんですよね。。
HUAWEI novaという端末で2017年の夏くらいに約3万円で購入したのですが、落とした瞬間、芸術作品かと思うくらい、画面がものすごい細かく割れてしまいまして・・・台湾にいる間に新しいスマホを購入するはめになったという苦い思い出があります。。

トラウマという程ではないのですが、このお店に並ぶとスマホを落として壊すという嫌なイメージを払拭したいというのが、やらないといけないことになります。

今回もけっこうな行列ができていましたので、その最後尾に並ます。

スマホをいじらずに待っていても何にも意味がありませんので、適度にスマホをいじりながら待ちまして・・・

待つこと約15分。
ようやく先頭が見えてきました。

ということで、無事に碳烤鶏排を購入することができました!
お値段は80元(約296円)です。

終わってみると、意外なほどあっけなかったのですが、、
前回4月に台北に来て以来のリベンジを果たすことができました。

購入した鶏排は真ん中あたりでちょうど折れてしまっていたため、この写真は上半分くらいしか写っていません。
全体を写せず、実際の大きさをお伝えできないのが残念です。。

ちなみに、この鶏排は美味しく完食しました。
1人だとちょっと大きすぎるのですが、スパイシーにしてもらったので、意外と食べられました。

なお、士林夜市には、巨大なフライドチキンとして有名な「豪大大鶏排」のお店もあります。

さすがにフライドチキンのおかわりはしませんでしたが、こちらも「香鶏排」と同じくらい行列ができていますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする