MRTの桃園空港線&淡水信義線を乗り継ぎ、宿泊先の最寄り駅「雙連駅」へ!

キャッシングで現金をゲットした後は、MRTで台北市内へと向かいます。

桃園国際空港にはMRTの案内板がいろいろなところに設置されていますので、それに沿って歩いて行くだけでオッケーです。

そして、これが駅のホームです。

桃園国際空港と台北市内を接続するMRTは開通してからまだそれほど経っていませんので、汚れなどはほとんど見られません。
もしかしたら、単純に目が悪いだけという噂もありますが。。

桃園国際空港から台北市内までは1時間かからない程度です。

その間はヒマですので、成田空港で購入したSIMの回線速度を測定したりしました。
その結果がこちらです。

ダウンロードが134Mbps、アップロードが40.9Mbpsって、めちゃくちゃ速いですよね!
さすが台湾はネット大国(?)なだけあります。これなら、台湾滞在中のネット環境はものすごく快適です。

・・・と思っていたのですが、これ以降も時々回線速度を計測してみたものの、これほどの速度が出ることはありませんでした。
上の測定結果は桃園国際空港でMRTを待っていたときのものですので、やっぱり空港は特別ということなのかもしれませんね。。

個人的には、台北市内でこの速度が維持されたとしても、そんなに速度を必要とする用途では使用しませんので・・・
宝の持ち腐れといいますか、もう少し速度は落としてもいいからSIMカードの値段を下げてほしいと思うかな、というのが正直なところです。

17時過ぎに台北駅に到着です。

桃園国際空港から台北駅まで乗ってきたMRTは新しい路線ということもあり、他の路線からけっこう離れた場所に位置しています。
そのため、MRTの乗り換えには10分程度、もしかしたらもう少しかかるかもしれません。。

乗り換えのため歩いていると、毎度おなじみのマスコットキャラクターがいました。

ちょうど夕飯の時間帯ということもあり、このマスコットキャラクターの前あたりでは、弁当か何かを食べている人たちが数人。
その人たちを写さないように気をつけながら、写真を撮りました。

この先はまだノープランでしたので、とりあえず宿泊先のホテルに向かうことにしました。
Googleマップで場所を確認したところ、ものすごく中途半端なところに位置しています。。

最寄りの駅は雙連駅なのか、それとも中山國小駅なのか。
行天宮駅ということはないと思いますが、歩いて行けない距離ではなさそうです。

・・・とけっこう迷った結果、Googleマップ上で直線距離が一番短そうな雙連駅から歩いていくことにしました。

そのため、淡水信義線に乗り換えまして、雙連駅にやって来ました。

時刻は17時半を少しまわったところです。

この時間になりますと、あたりはもう真っ暗ですね。

雙連駅といえば朝市が有名なのですが、朝市というだけあって、夕方はやってないようです。。
かろうじて、入口あたりで屋台が数軒営業している程度です。

ここから宿泊先に向かうのですが、その際、ちょっとしたハプニングに遭遇することに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする