タイ・バンコクのBig Cにてお土産用のプリッツ(ラーブ味&トムヤムクン味)などを購入!

夜市を満喫した後は、お土産を買いに、Big Cにやって来ました。

Big Cの外にはお店がずらりと並んでいます。
相変わらず雨が降っていますので、人の姿はそれほど多くありませんが。。

中に入っていろいろ見たのですが、結局、プリッツを買って帰ることにしました。

MBKのTOKYUでは「日本語が書かれているお土産なんて」と思いましたが、ばら売りであればそれほどかさばりませんし。
それに、プリッツなら知名度もあっていいかなと。

あと、この時ちょうど「BUY 3 GET 1 FREE」のキャンペーン中だったのも大きいですね。
せっかくですので、ラーブ味とトムヤムクン味を4つずつ購入しました。

ちゃんと割引が適用されていますね。

旅行記を書くタイミングで見返して初めて気づいたのですが、なぜタイ語と英語が混ざっているんでしょう。。

あと、ラーブ味のプリッツは中毒者が続出するほど美味しいとネットにのっていたのですが、本当でしょうか。
自分用には買って帰りませんでしたので、あとで感想を聞いてみようと思います。

これはたしか、ドラゴンフルーツだったような。

タイ語オンリーなのでよくわかりませんが、2kgで50バーツ(約170円)ということですかね。
安いのか、それともそれほど安くないのか・・・

どちらにしても、1種類の果物がこれだけ大量にあると、かなり迫力があります。

この果物は買っても持って帰れませんのでスルーし、次にお土産として買ったのはカップラーメンです。
写真を撮るのを忘れてしまったのでレシートだけ載せます。セブンイレブンで買いました。

その際、こんなものを一緒にもらいました。
たくさん集めると何かがもらえるキャンペーンとかでしょうか。結局わからずじまいで、捨ててしまいましたが。。

お土産タイムはこれにて終了。

時刻は21時。
翌朝5時5分発の飛行機で帰国の予定となっているため、まだ時間はありますが、この時間から行く場所も特になく・・・ドンムアン国際空港に向かうことにしました。

MRTのタイ文化センター駅に戻ります。

来たときには気づきませんでしたが、荷物注意の貼り紙がありました。

タイなのにタイ語よりも英語がメインになっているのは、観光客がターゲットになっているからでしょうか。

日本語も併記されていますので、わかりやすいですね。
日本人観光客も多いということなんだと思います。

MRTでタイ文化センター駅からスクンビット駅まで行きまして、そこからBTSに乗り換えます。
スクンビット駅とアソーク駅が接続しています。

そして、モーチット駅へ。

ここからはA1バスでドンムアン国際空港に向かいます。

A1バスは、ドンムアン国際空港に到着してすぐに乗ったのと同じバスですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする