タイっぽい象の像を発見!?パタヤにてソイ・ブッカオを散策!

セカンドロードの散策を終えた後は、いったんホテルで一休み。
ということでまったりしていると、突然の大雨!スコールというやつですかね。

この雨の中を出かけるのは自殺行為に近いものがありますので、しばらくホテルで待機します。

・・・と、そういえば、ここまでビーチロード、ウォーキングストリート、セカンドロードを歩いて散策してきましたが、いくつか気になったことがあります。

1つ目は、パタヤの街中の看板には、ロシア語が併記されていることも多いということです。

今まで東南アジアを何か国か旅行してきましたが、ロシア語を頻繁に見かけるのはパタヤが初めてです。
それだけパタヤがロシアの人たちにも人気で、観光客も多いということなんだと思います。

2つ目はタトゥー(TATTOO)のお店がやたらと多いということです。

マレーシアなどでも街中で気軽にタトゥーを入れている人たちがいますが、パタヤでもファッション感覚なんだと思います。
日本はタトゥーがあると銭湯や温泉に入れないということも多いですが、日本も観光に力を入れていくなら、もう少し考え方を変えていく必要があるような気もします。

あと、この日の両替レートは0.2915というところが多く、場所によっては0.28台の後半というところもありました。
1万円で2,915バーツですね。

キャッシングは1万円で2,932バーツでしたので、やっぱりキャッシングの方がレートがいいということになります。
ただし、キャッシングした日から1日経過していて単純な比較はできませんので、注意が必要ですね。あくまで参考程度でお願いします。

さて、そんなことを思っていると雨が止みましたので、再度外に出ることに。

有名だけどまだ行ったことのないところということで、ソイ・ブッカオに行くことにしました。
初めての場所ですので、まずはGoogleマップでチェック。

道路を渡るのに若干苦戦しつつも、無事に到着です。
セントラルロード側から見たソイ・ブッカオはこんな感じです。

100バーツ(約314円)のマッサージ屋さんが何店も並んでいまして。
そのうちの1店を拡大したのがこちら。

激安マッサージも捨てがたいのですが、まずは先にソイ・ブッカオを一通り散策することにします。

バーでは主に欧米の方々が、昼間から酒を飲んでいます。

Amazonという名前のカフェ。あのAmazonと関係があるのでしょうか。

「おもてなし」という日本語の看板。何かと思えば、普通のマッサージ屋さんのようです。

タイらしく、街中にはお参りスポット(?)のようなものが何か所か見られました。

象の像ですね。「夢をかなえるゾウ」に出てくるような。。

なぜか、大量のニワトリ。。

あとは、市場のような場所もありました。

中には入りませんでしたが、外から見た感じでは、衣類をメインに扱っているような気がします。

タイで外こもりするような場合は、ここで服を買いそろえたりしてもよさそうです。

市場の場所は、下の地図の「Greeney House」のあたりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする