パタヤ旅行ついにスタート!朝4時に起きてバスで成田空港へ!!

出発当日、午前4時。
スマホの目覚ましに起こされて起床します。

前日は10時過ぎに寝る予定でしたが、ちょうど布団に入ろうとしたタイミングで運悪く、友人から電話がかかってきてしまいまして。
それから1時間くらい、愚痴を聞く羽目になってしまいました。。

結局、寝られる状態になったのは11時半頃。
それから頑張って寝ようとしたのですが、先ほどの電話のせいか、それとも遠足前夜の小学生のようにテンションが上がってしまっているせいか、もしくは最近1Q84を読んでいて深夜1時くらいに寝る日が多かったせいか、、なかなか眠れません。

どれが正解かはわかりませんが、1時を回ったあたりまでは確認しています。。
ということで、睡眠時間は3時間未満。それでも平日とは違って目覚ましが鳴ってから一瞬で起きまして、荷物を最終チェックして出発です!

ちなみに、機内などで1Q84の続きを読みたい気持ちもありましたが、重量感たっぷりなハードカバーですので、今回は見送りました・・・。

さて、出発はいつも通り、川崎駅です。
朝4時半くらいに家を出ましたので、まだ夜明け前ですね。

東海道線はまだ始発前(?)のため、京浜東北線で東京駅へ。

八重洲中央口を出てからバス停に向かうまでの途中にある、バスのラウンジです。

いつもはラウンジでスマホを充電するなど、少しゆっくりしてからバス停に向かうのですが、、今回は20分前を切っていますので、ラウンジはスルーしてそのままバス停へ。

すると、予約していた5時40分発のバスはすでに到着していて、乗客も乗り込んでいるようです。

外にいる係員に名前を伝えてプラスチックの板を受け取り、それを運転席で待っている運転手に渡して席に座る、という流れです。
係員が本人確認しましたよということを運転手に伝えるためのものだとは思いますが、それなら「運転手が見える位置に係員が立ってればいいんじゃ・・・」と思わずにはいられません。

ちょっと前までバス会社側でこのあたりをいろいろと試行錯誤していたようですが、最近はこの流れで乗車することが多くなりましたので、おそらくこの流れで確定したのでしょう。

もうちょっと工夫できるんじゃ・・・とは思いますが。。

5時40分という早朝発のバスにもかかわらず、車内はほぼ満席です。

バスは定刻を少しだけ過ぎて出発。
成田空港へと向かいます。

出発直後に運転手からアナウンスがあり、「東京シャトルLCCをご利用いただき・・・」という表現が使われていました。

事前予約で900円というのはやっぱり飛行機のLCC並に安いということでこのネーミングなんだと思いますが、LCCというのは飛行機から出てきた言葉のような。
他の乗り物で使っても問題ないものなのでしょうか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする