パタヤで一番美味しいと評判のカオマンガイ屋さんでカオマンガイとダックのスープを堪能!

パタヤ旅行2日目。

朝9時頃に起きてシャワーを浴び、朝食タイムです。

前日は結局タイ料理っぽものを食べませんでしたので、この日はそれっぽいものを食べようと思いまして。
地球の歩き方なんかを参考にしつつ、カオマンガイを食べに行くことにしました。

ネットで調べたところ、パタヤで一番美味しいと評判のカオマンガイ屋さんがあるということで、さっそくそこへ向かいます。
ホテルからは徒歩で10分程度。歩くと途中でいろいろなお店や風景なども楽しめますし、食事前のいい運動にもなりますし、、一石二鳥です。

こちらがそのカオマンガイ屋さんです。

店の前には鶏が何羽もぶら下がっております。。

お店の前まで行きますと、愛想のいいおばちゃんがいましたので、そのおばちゃんにカオマンガイを注文します。

すると、そのおばちゃん、「スープは?」とスープをおススメしてきます。
普段は蓋をして保温されているようですが、中を見せてもらいました。

どれがどれだったかは忘れてしまいましたが、ダック、ポーク、チキンなど、いろいろな種類があるそうです。
チキンは前日食べましたし、ポークは日本でいつも食べてますし、、と消去法で考えていきいますと、残ったのがダック。せっかくなのでダックを注文してみました。

一通り注文し終えまして、席に座ってしばし待ちます。

店内の様子はこんな感じです。
店に入ったとき、お客さんは2組くらいでしたが、さすがにパタヤで一番という評判だけあり、お客さんは次から次へと入ってきました。

テーブルの上にはいろいろな薬味が用意されています。
壁に書かれた10という数字は何を意味しているんでしょう?テーブルの水が10バーツ(約34円)ということでしょうか??

メニューはタイ語オンリー。
タイ語がわからないので、メニューを見て注文するものを決めるのはちょっと無理ですね。。

席に座って少ししますと、注文した料理が運ばれてきました。

まずはダックのスープです。
ダックが何なのかよくわからずに注文したのですが、カモ(またはアヒル)なんですね。

冬瓜の下にはダックがたくさん隠れています。

その後、カオマンガイが運ばれてきました。
運んできてくれたのは少女だったんですが、おばちゃんとは違って愛想が悪かったのが残念なところ。。

肝心の味は、普通に美味しいですね。
お皿に一緒にのっている辛めのソースをつけて食べると一層美味しくなります。

ただ、食べていて思ったんですが、カオマンガイを食べるのはたぶん人生初なんですよね。
パタヤで一番と評判のお店とのことですが、そもそも他と比較できないので、本当にそんなに美味しいのかがわからないという・・・ミスりました。。

朝10時と時間が早く、カオマンガイ+スープはかなりのボリュームでして、、
最終的にはスープを一部ギブアップ。ダックに申し訳ないとは思いつつ、こんな状態で食事を終えました。

最後に、お会計は100バーツ(約341円)でした。

ネットでこのお店を紹介していた記事は、この組み合わせで90バーツ(約307円)だったような。値上げしたのかな。。
もしくは、スープの種類によって値段が違うのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする