広すぎて迷子に・・・!?モーチットのバスターミナルにてパタヤ行きのチケットを購入!

モーチットのバスターミナルに到着後、ちょっと遠回りしてしまったような気もしますが、オレンジ色の建物を目指して歩きます。

建物の外には、チケット売り場がずらーっと行き先ごとに並んでいます。

数字の小さい方から順に並んでいますので、目的のチケット売り場は見つけやすいです。
事前調査によるとパタヤ行きは48番売り場とのことですので、ずっと奥の方ですね。。

1~2分かけて奥まで歩いていき48番売り場を見つけましたので、さっそくチケットを購入!
・・・しようと思ったのですが、どこにもパタヤという表示がありません。なぜだー!?とちょっとよくわからない状況になりつつも、もう1つの可能性にかけて、建物の中へ。

建物の中に入る際にセキュリティチェックのような場所を通過しないといけないのですが、1人ずつ通る際に必ずピーっと音が鳴るようですね。
それを知らずに通ったもので、最初はけっこう焦りました。警備員が立っていますので、別室に連れていかれて取り調べを受けることになるんじゃないかと。。

さて、建物の中に入りますと、案の定(?)、チケット売り場がありました。
しかも、外と同じ番号の売り場もあり、もう少しわかりやすい仕組みにできないのかなぁ・・・と思います。

そして、ついにパタヤ行きのチケット売り場を発見!購入します。

お値段は117バーツ(約400円)です。

ちなみに、建物の中もだいぶ広く、チケット売り場も散らばっていますので、けっこう迷いました。。
チケット売り場の番号もコロコロ変わるのか、ネット情報の48とは微妙に異なっていて48Cと48Dですし、、初回は迷うこと前提で考えた方がよさそうです。

乗車するバスの情報はチケットに記載されていまして、78番乗り場で15時20分のバスに乗ることになります。

チケットを購入したのが15時13分で、出発まであと7分しかないじゃん!ということで、慌てて78番乗り場に向かいます。

・・・の前に、日本を出国してから何も口にしておらず、そろそろ限界でしたので、セブンイレブンでミネラルウォーターを購入しました。
ミネラルウォーターは丁寧に袋に入れてくれまして、なぜかストローもついていました。

世界中で廃プラスチックが話題になっている今日この頃ですが、まだまだ新興国(と言っていいのかな?)にはそういう感覚が行き届いていなさそうですね。。

そもそもタイの人たちって、ペットボトルの飲み物をストローで飲むんでしょうかねぇ。

さて気を取り直しまして、表示に従って乗り場に向かいます。

それほど迷うこともなく、3分ほどで78番乗り場に到着しました。

今回はたまたま乗り場が近かったから間に合いましたが、もっと遠い乗り場だったり、少しでも迷ったりしていたら、間に合わない可能性もありました。

そうならないためにも、出発時刻が近い場合は1本遅いバスにしてもらうなど、チケットを購入する際に交渉した方がいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする