黒磯駅から3時間半!青春18きっぷでウトウトしながら仙台へ!!

黒磯駅の中に入っても特にやることはないため、とりあえずホームへ。

最近は待合室が設置された駅も多いですよね。ここ10年くらいで一気に増えたような気がします。

なお、待合室の入口には「AEDは改札口の外にあります」との文言があります。

改札口の外って、ここからけっこうな距離ありますよね?つーことは、万が一何かあっても、取りに行くの間に合わないんじゃ・・・と一抹の不安がよぎりました。
が、AEDを(たぶん)ど素人が設置しているわけじゃないんでしょうし、そのくらいは考えてギリギリ(?)間に合う距離にはしていることでしょう。

さて、黒磯駅からは一気に仙台駅まで行きます。
電車を乗り継いで、3時間半の旅ですね。。

だいぶ待ちまして、ようやく電車が来ました。

そして、地方の電車特有の「整理券」と、その奥に「運賃箱」が設置されています。

この仕組み、最初に見たときは「バスかよ!?」と思いましたが、無人駅や無人の時間帯に料金を徴収するためにあるそうです。

関東にいると無人駅などとは無縁の電車ライフなわけですが、地方は人口減少時代真っただ中からの乗客減少、それに対応すべく駅員のコストをカットするための対策として、やむを得ず「無人」という選択をしているものと思われます。
もちろん個人的な想像でしかありませんので、真偽のほどは不明ですが。。

そんなことを考えている間も、電車は着実に北上を続けています。

特にやることもなく、ただただスマホをいじって時間を潰していたのですが、豊原駅と白坂駅の間あたりで急に電波が悪くなり始めます。

熱海駅周辺でもよくある現象なのですが、トンネルの中や自然の多い場所などは電波が悪くなるようですね。

さらに北上していくにつれて、どんどん電波の悪い場所が増えていくのかな・・・などと考えたりもします。

スマホいじりにも飽きますと、本当に何もやることがないんですよね。

今度はKindleで読書をするとか、何かしら考えておいた方がよさそうです。
旅行記をリアルタイムでブログに書くというのもいいかもしれません。

それから仙台駅までは、ひたすら時間との闘いでした。

車内はそれほど混雑していないため座れはしますので、ウトウトして時間が経過するのを待つばかりです。

途中、郡山駅では車両の連結作業がありまして。

郡山駅までは2両だったんですが、そこから先は乗客も増えるのか、車両を連結するとのこと。

で、連結する際はけっこう大きい衝撃があり、ビックリしました。
連結する作業員の人も驚いた顔をしていましたので、おそらく連結がちょっとミスったんだと思います。。

そして、18時58分、時間通りに無事、仙台駅に到着しました!

宇都宮で昼食を食べた後はほとんどじっと座っているだけでしたが、それでもお腹は空く・・・ということで、まずは夕食を食べに向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする