電車を待つ間、黒磯駅前で時間をつぶそうと試みるも・・・

餃子を堪能した後は、駅前のコンビニへ。

栃木のソウルドリンク(?)である「レモン牛乳」が大量に陳列されています。

そして、その隣には紫色のパッケージ。「ぶどう牛乳」でしょうか?

レモン牛乳の知名度がまぁまぁ上がり、今後はぶどう牛乳に手を出したんでしょうか・・・?

陳列されている数では圧倒的にレモン牛乳の方が多いですが、売れている数ではぶどう牛乳の方が多いようにも見えます。

みなさん興味半分で買っているような気がしますし、個人的にもちょっと飲んでみたい気持ちもあったのですが、以前飲んだレモン牛乳があまりにも微妙なお味だったものでして・・・今回は普通にコーヒーを購入しておきました。

ぶどう牛乳はまた今度の機会に、ということで。

宇都宮ですべきことを終えましたので、次は本日の宿泊地「仙台」に向かいます。
電車で約4時間半の旅ですね。

で、このときの時刻はまだ13時半を少し過ぎたところ。

この通りに行くとするとまだ50分近く時間があることになりますが、宇都宮でこれ以上時間をつぶせる自信もなかったため、とりあえず先に進もうということに。

試しに黒磯駅までのルートで検索してみたところ、13時54分の電車がありましたので、これに乗りました。

そして、黒磯駅に到着です。

ここから仙台方面に向かう次の電車までは30分以上ありましたので、駅の外に出てみることに。

自由に出たり入ったりできるのは、青春18きっぷのメリットですよね。

駅前の景色はこんな感じ。

「黒磯駅西口広場を整備します。」ということで絶賛工事中の模様。

駅前をざーっと見渡したところ、目についたのは交番のみ。
この交番、けっこうオシャレな気がします。センスゼロの人間の言うことなので実際にオシャレな建物なのかは不明ですが、どことなく西洋風のような・・・日本っぽくないように思います。

ちなみに、駅前の通りから見える景色は、道路と住宅街のみ。
近くに何かあれば30分を有効活用すべく見に行ってみたかったのですが、これほどまでに何もないとは・・・。

ということで、駅に戻ってきました。

先ほどは目に入りませんでしたが、黒磯駅周辺のグルメなお店が紹介されています。
真ん中あたりにオレンジ色のタンタンメンの絵があるのですが、これがけっこう美味しそうでして。今度来たら食べてみるのもアリかもしれませんね。

そして、謎のトリックアートの上には「本物の出会い栃木」の文字。

トリックアートは横に説明書きもありますが、どうすればトリックに引っかかれるのか、わからずじまい・・・。

それよりも気になるのは「本物の出会い栃木」の方なんですが、栃木で何に出会えるんでしょうね。婚姻率が全国1位とかで、栃木に来れば結婚相手に出会えますよ~とかでしょうか。
栃木も黒磯あたりまで来ますと自然が多くなってきますので、この自然の中で共に過ごした相手となら、自然と結ばれることも多いのかもしれません。

まぁ、個人的な問題としては、そもそも「栃木まで一緒に行ってくれる相手がいない」というところにあるんですけどね。。

結局、黒磯駅の外ではあまり時間をつぶせなかったので、また駅の中に入って電車を待つことにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする