宇都宮の「みんみん」にて焼・揚・水の餃子オールスターを堪能!

宇都宮に到着した後は、餃子を食べるため、さっそく「みんみん」に向かいます。

宇都宮駅周辺に「みんみん」は何店舗かありますが、今回は「ホテル アール・メッツ店」をチョイス。
以前に何回かお世話になったことがあるお店です。

宇都宮市川向町1-23 JR宇都宮駅(西口)駅ビル3F

上記の地図では「ステーションバル」と表示されています。

「ホテル アール・メッツ店」とは別のお店でして、同じフロアにみんみんが2店舗入っているうちの、もう1つのお店です。

そして、なぜか住所が同じ。

「ホテル アール・メッツ店」は純粋に餃子を楽しむためのお店で、「ステーションバル」はちょっと大人向けのお酒と一緒に餃子を楽しむためのお店とのことです。

「ステーションバル」にはまだ入ったことがなかったため、どうせなら入ってみたかったのですが・・・この後も電車で長時間移動しないといけませんし、車内にお酒の臭いを充満させるわけにもいきませんので、今回も「ホテル アール・メッツ店」へ。

宇都宮駅から徒歩2~3分程度で「ホテル アール・メッツ店」に到着です。

「こちらからの待ち時間 約30分」の立て札もありますが、平日のお昼を若干過ぎた時間帯はそこまで並んでおらず。

並んでいたのは5人くらいでした。

5分も経たないうちに、店内に案内されます。

店内はもちろん禁煙。

醤油やお酢、ラー油(?)などが備えつけられています。

あとは醤油などを入れるお皿ですね。
これ、いびつな感じなのですが、なぜこんな形なのでしょう・・・?もしかして餃子の形でしょうか??

真ん中の絵もなんかよくわかりませんし。。

それは置いておきまして、さっそく料理を注文します。

今回注文したのは、焼餃子、揚餃子、水餃子をそれぞれ1人前ずつ。

すると、店員さんは「焼・揚・水」という呪文のような言葉を発し、厨房の人にオーダーを伝えていました。

このような省略形の言い方があるということは、やっぱり、全種類を一通り注文する人もけっこう多いんだと思います。

せっかく餃子を食べに来てるんですし、やっぱり全種類制覇したいですよね~。

注文して10分ちょっとかかったでしょうか。まずは焼餃子が到着!

全種類来たところで写真を撮りたかったんですが、お腹がグーグー鳴っている中、あとどれくらい待つかわからないのは精神的にもつらいものがありまして・・・。

結局待てずに、焼餃子の最初の1つ目を食べ始めることに。

すると、案の定と言いますか、まぁありきたりの展開と言いますか、1つ目を食べているときに、揚餃子と水餃子も運ばれてきました。

口の中で咀嚼を開始した焼餃子を戻すのはさすがに気が引けましたので、焼餃子が1つ足りない状態ではありますが、全種類の写真を撮影しました。

肝心の味は、当然のことながら、3種類とも美味しいです。
それぞれ味や食感が異なりますので、餃子18個でライスなしでしたが、食べていてまったく飽きませんでした。

とは言え、その中で1番美味しかったのはどれ?と聞かれると、やっぱり焼餃子かな~という気がします。

揚餃子3人前はちょっと飽きそうですが、焼餃子3人前なら全然イケると思います。

餃子を堪能した後はSuicaでスマートに(?)支払いを済ませ、お店を出ます。

食べてるときに気づいたのですが、店の外に人が全く並んでいないこともけっこうありました。
平日の13時頃は、タイミングがよければ、待ち時間ゼロで入れるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする