タイガーエアの客室乗務員はタイガーだけに・・・!?

まずは保安検査場にてセキュリティチェックを受けます。

いつも通り、スマホやモバイルバッテリーをリュックとは別にし、ベルトコンベアー(?)に流します。
それと同時に、自分自身もゲートをくぐります。

と、ここで、ベルトをつけっぱなしなことに気がつきます。
今まで何回ベルトのせいでセキュリティランプが点灯したことでしょう。。それ以来学習しましまして、ゲートをくぐるときは条件反射的にベルトを外す習慣が身についたんですが、この日は深夜で疲労たっぷりでしたので、うっかり忘れていました。

そのため、慌ててベルトを外そうとしたのですが、まさかの「ベルト大丈夫です」という係員さんの一言。

羽田空港のゲートは最新式なのか、ベルトをしていてもOKなようです。
両手を挙げてバンザイの格好をしますと、怪しそうな部分(?)が画面に表示されまして、その部分を係員さんがボディータッチでチェックするという流れでした。

ベルトを外して、またつけて・・・という一連の動作がとても面倒くさいと思っていましたので、それがなくなるのはとてもありがたいことです。

さて、無事に出国手続きを済ませまして、搭乗時間までしばらく休憩タイムです。

さすがにこの時間は空いてました。イスを贅沢にいくつも使いまして、くつろいでいる人が多かったです。

せっかくですので、このタイミングでスマホの充電を済ませておきます。

天井はこんな感じ。何となく気になったので、1枚撮っておきました。

あとは、羽田空港のフリーWi-Fiに接続しまして、ネットをしたりして時間を潰します。

この場所がたまたま電波の悪い場所だったのか、速度はイマイチです。。

出発の時間が近づいてきましたので、搭乗ゲートの近くまでやってきました。

そして、SIMカードを抜きます。
台湾到着後に日本のSIMで通信しないようにするためというのが一番の理由です。

搭乗時刻になり、飛行機に乗り込みます。

花巻って岩手だと思います・・・というか日本岩手と書いてありますが、最近の訪日客は岩手あたりまで足を延ばすのかと、ちょっとした驚きがあります。

東京とか大阪とか、そういう大都市に飽きてしまった人たち向けですかね。というか、この飛行機はこれから台湾に向かうので、花巻をアピールしても意味ないと思うんですけどね・・・とか思ったりもします。

ちなみに、タイガーエアの客室乗務員さんは、タイガーだけに、腰に虎の模様のスカーフをつけています。

そんなこんなで、ようやく飛行機は羽田空港を離陸!

およそ3時間半かけて、台湾の桃園国際空港を目指すのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする