チェックイン手続き開始まで羽田空港内を散策!

両替レートチェック後は、羽田空港内を散策します。

エスカレーターで1つ上の階に上がりますと、まずは満開の桜がお出迎え。
外国の人からすると、日本=桜、みたいなところありますからねぇ・・・って何かで見た気がしますし、日本と外国をつなぐ場所としては最適なんだと思います。

個人的にも、お花見できなかった分、ここで楽しませてもらいました!

その後は、夜桜バージョン(?)です。
提灯の明かりが強すぎるようで、HUAWEI novaのカメラでは、真っ暗に映ってしまいました。。実際はこんなに暗くありませんので、念のため。

別の角度からも試してみましたが、やっぱりダメでした。

気を取り直しまして、続きましては展望デッキに出てみます。

JALやANAなど、いろいろな会社の飛行機が見えます。
飛行機好きにはたまらない空間です。

そして、展望デッキからはTokyo International Airportの文字が見えます。

羽田空港は国際便が就航するようになって以来、羽田国際空港と呼ぶ方が正しいんだとは思いますが、この建物には東京国際空港と表記されています。
外国の人には、この名前の方が馴染みやすいんでしょうか。まぁ、成田が東京ではなく、千葉にあるからこそのネーミングなんだと思います。

お次はHOT ZONEというアトラクション(?)ゾーンです。子供も楽しめる空間になっております。

飛行機のシミュレーターです。子供向けだからでしょうか、深夜は稼働していません。。

こちらには各航空会社の飛行機が展示されています。

この飛行機の中から、今回はニュージーランド航空をピックアップ!
昨年の誕生日の夜に香港で一人酒をしていたところ、店内が混雑していて日本人男性と相席になったんですが、その人がニュージーランド航空のCA(男性もCAって呼ぶんですかね・・・)だったのを思い出しました。

その後も空港内をいろいろと見て回ります。

この時間でも吉野家は開いています。お腹が空いた際にはぜひ!

あとは、先ほどの桜といい、この花といい、空港内にはいろいろな花が配置されています。

その他にも、トルコゾーン(?)があったり・・・

その影響で、象形文字のような、そんな歴史を連想させてくれるような図形が描かれていたり・・・

江戸ゾーンもあります。

一通り散策し終わりますと、12時を超えています。
だいぶ歩き疲れてきまして、そろそろ眠くなってきたこともあり、チェックインまで2時間程度仮眠をとることに。

ちょうどベンチが空いていましたので、タオルで目隠しして明かりを遮断し、一休みです。

スマホのタイマーをセットして寝ましたが、こんなシチュエーションで熟睡できるはずもなく、2時前には目を覚ましました。

LCCは3時間前くらいにチェックイン手続きが開始されることもありますが、現在の時刻は、それよりも前。
当然まだやっているはずもなく・・・

と思ってチェックインカウンターHに来てみますと、その表示は先ほどの大韓航空のものではなく、タイガーエアに切り替わっていました。

まだ1時50分くらいですが、まさかのチェックイン手続き中!
寝ぼけながらチェックイン手続きを終え、搭乗ゲートへと向かうのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする