臨江街観光夜市にて生煎包や羊肉串、排骨酥などを堪能!

紅米5を手に入れた後は、夕食タイム。
ということで、台湾ラストナイトは臨江街観光夜市に行くことにしました。

MRTで信義安和駅に行きまして。

Googleマップを見ながら5分くらい歩きますと・・・

臨江街観光夜市に到着です!

この夜市も人が多く、自分のペースで歩くのが難しいほどです。

お寿司屋さんなど、日本料理のお店もけっこうあります。

こちらでは、人参ジュースを販売しているようです。
人参をその場でミキサーにかけて、新鮮な状態でジュースを提供してくれています。

ですが、個人的には野菜ジュースとかトマトジュースとかが苦手ですので、おそらく人参ジュースもダメだと思います。。

こちらは生煎包のお店ですね。

今までにも何回か来たことがあるのですが、いつ来ても、行列ができています。
人気店なんだと思います。

生煎包を作っているところを見学しながら行列に並ぶこと数分。

ゲットしました!
いつも通りの美味しい味ですね。小さい肉まんという感じでしょうか。

その後も引き続き、美味しそうな食べ物を物色してまわります。

個人的には何がいいんだか全く分からない、ミニトマトのくし刺し。

冷静に考えてみますと、くし刺しにしてもトマトの形を保つのは熟練のテクニックが必要なのかもしれません。
・・・が、よく見るとトマトがコーティングされていますので、ここに秘密があるのかもしれません。。

続きましては、「北京羊肉串」という看板のお店。
羊、牛、鳥など、いろいろな肉を串焼きで提供してくれるお店ですね。

焼いているところを見ると、とても美味しそうに見えます。

さらに、羊肉串は、以前中国に行ったときに食べた思い出の味だったりもしますので、懐かしくなり、注文してみることに。
調子に乗って中国語で「羊肉(ヤンロウ)」と注文したつもりが、間違えて「ヨウロウ」と言ってしまいまして、ちょっとだけ恥ずかしい思いをするという一面もありました。。

・・・が、無事に羊肉をゲットです。

味は中国で食べたときと同じく、とても美味しいですね。
日本ではあまり食べられない味な気がします。

値段は台湾の方が高いような。
中国ではけっこうローカルっぽいところで食べましたので、そのせいもあるかもしれません。

あとは果物を売っているお店もいくつかありました。

こちらのお店は半斤(500g)単位での販売でしょうか。

こちらのお店は袋詰めされていますので、少しだけ欲しい人も購入しやすいですね。

ということで、適当に購入してみました。見た目通り、甘くて美味しいです。

あとは、レモンジュースを飲んだり。

排骨酥を食べたり。

臨江街観光夜市を一通り満喫しました!

そろそろいい時間になってきましたので、空港に向かうことにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする