士林夜市にて雞排をゲット!しかしあまりにも大きすぎる代償が・・・

お腹を満たした後は、ブラブラと士林夜市を散策します。

今さらですが、士林市場(Shilin Market)の入口にて写真を1枚。

ちょっと格好よさげなモニュメント(?)の写真も1枚。

大量の人で混雑していますので、ブラブラするのも一苦労です。

いろいろと見て回りましたが、人の波に揉まれながらというのは、けっこう疲れるものですよね。。

足の疲れを癒すため、本日2回目のフットマッサージ。
ここも日本語メニューがありますので、入りやすいです。というか、台湾のお店って、けっこう日本語も多いですので、日本人観光客にとっては旅しやすいですよね。

マッサージ前に、ぬるま湯に足を浸します。
マッサージに詳しくないので、どのような効果があるのかは不明・・・ですが、ない頭で考えてみますと、おそらく、足の硬い皮を柔らかくするためか、足の汚れを取るため、とかでしょうか?

その後、マッサージが開始されます。

途中でお茶とお菓子を出してくれました。

こちらが日本人だからか、お菓子は日本語パッケージです。韓国人のお客さんには韓国語パッケージのお菓子を提供しているんでしょうか。。

この仮定が正しいとしますと、マッサージの人は、こちらが日本人だということを見抜いたということになります。
個人的には韓国人に見間違われることも多いのですが、そんな引っかけを見事にクリアしたということですね。

そんなしょうもないことを考えたり、考えなかったり。

気持ちのよさにウトウトし・・・1時間コースを満喫しました。

ですが、お腹はいまだに満腹感たっぷりでして、率先して何かを食べるという気分にはなれません。
あと少し歩いたところで、この状況が変わる気配はないため、この日は諦めてホテルに帰ることにしました。

・・・と思ったのですが、士林夜市に来て最初に見たこのお店がやっぱり気になります。

夕方に来たときよりも、行列が長くなっています。

そんなに美味しいなら食べておきたいと思うのが、一般人の感覚だと思うんですよね。

お腹は全然減っていませんでしたので、脳内会議が開催されます。

「胃袋くん、この雞排、食べられるのかい?それとも食べられないのかい?・・・食べられる!!」

ということで、食べるという結論に達し、行列に並び始めました。

しかし、これだけの長蛇の列ともなりますと、なかなか順番が回ってきません。
その間、スマホをいじって写真を撮ったり、LINEをしたり、といろいろしていたのですが、、、

次の瞬間!

スマホを地面に落としてしまいました!!

ホテルに戻ってから撮った写真ですが、こんな感じに見事に画面にひびが入ってしまっています。。

スマホの画面が割れてる人ってたまにいるのですが、まさか自分がこうなるとは思いませんでした。

しばらく立ち直れませんでしたが、まだ雞排の列に並んでいる途中です。
並び始めて約15分、ようやく雞排をゲットです!

受け取る際に辛さを聞かれましたので、少しだけ辛くしてとお願いしてみました。

ピリ辛で美味しいですね。行列ができるのも納得のお味です。

ということで、15分並んで食べる価値はあるように思いますが、今回は15分+スマホの画面というあまりにも大きい代償を伴いました。

このスマホでは操作しにくいこと山のごとしですので、、
しょうがないので、台湾にいる間に「小米之家」にもう1度行き、スマホを購入することにしました。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする