「石田屋やきそば店」の焼きそばを食べに宇都宮に行ってきた!

2016年冬季の青春18きっぷ旅、第2弾はもはや恒例の宇都宮に行ってきました。

青春18きっぷの期間になりますと反射的に餃子が食べたくなってきまして、もはや禁断症状のようなものが出てきます。

・・・が、毎回餃子だけ食べに行くのも芸がないなと思いまして、いろいろ調べました!

「石田屋やきそば店」の焼きそばが有名ということがわかりまして、今回は餃子+焼きそばというプランにしました。

出発はもちろん川崎駅から。青春18きっぷにハンコを押してもらいましてスタートです。

宇都宮に向かう電車内では特筆すべきことも起こらず、平和そのもの。
予定通りに宇都宮駅に到着です。

ここからはGoogleマップをたよりに、「石田屋やきそば店」へと向かいます。
歩いて14分の距離ですので、宇都宮駅とブラブラと散策していると、あっという間です。

ということで、「石田屋やきそば店」に到着です。

別の角度からもう1枚。

さっそく店内へ。けっこうレトロな雰囲気が漂っています。

有名店ということで、芸能人たちのサイン色紙や記念写真などが飾られています。
今回行ったときは、残念ながら有名人はいませんでした。。

そして、メニューがこちら。「石田屋やきそば店」という名前だけありまして、焼きそばオンリーとなっております。

焼きそばの具は野菜、玉子、ハム、肉の4種類があるようで、これらの組み合わせで値段が決まってきます。
野菜は必ず入っていまして、玉子とハムは+50円、肉は+100円ということになっているようです。

今回注文したのは、もちろん「石田屋特製ミックス」。
焼きそばの具が全種類トッピングされまして、中サイズで650円!リーズナブルです。

「石田屋特製ミックス」は並サイズがなく、ハムなしの「肉・玉子・野菜」よりもハムありの「石田屋特製ミックス」の方がなぜか安くなっています。。

そんなことを考えたりしていますと、注文した料理は3分ほどで運ばれてきました。

その際、ソースをかけて食べるように言われたため、とりあえずかけてみました。
光の当たり具合(?)で印象が全然違う写真になってしまいました。。

気になるお味は、昔懐かしの美味しい焼きそばという感じ。
有名店というだけあって、注文の電話がひっきりなしにかかってきているようでして、店員さんは忙しそうにしているのが印象的でした。

ちなみに、なぜか、電話はいまだに昔の黒電話を使っていましたね。。

その後は宇都宮駅に戻り、恒例の餃子タイム。
今回は「宇都宮みんみん」に行きました。

少し待ち、店内に案内されます。

メニューは以下の通りです。
「おすすめの組み合せ」というものをわざわざ用意してくれているのですが、全く無視しまして、焼餃子、揚餃子、水餃子を1つずつ注文。

全部到着するのを待つのがけっこう大変でしたが・・・待った甲斐もあり、無事に写真を取ることができました!

何回か来ている店ですので味に驚きとかはないのですが、本場・宇都宮のお店で餃子を食べるという行為自体に価値があるような気がします。

ということで、今回は餃子+焼きそばの旅でした。
次回はまた別のグルメを堪能しに宇都宮に行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする