那須湯本温泉から黒磯駅に戻るバスでトラブル発生?旅行は計画的に・・・

つつじ吊橋を満喫した後は、帰りのバス停へ。
来た道を戻ります。

まだ18時くらいですが、だいぶ暗くなってきました。

お地蔵さんがたくさんいるエリアがあるのですが、暗いときに見ると、ちょっと不気味な感じです。。

少し前から雨が降り始め、徐々に強くなってきました。
ようやくバス停の前まで戻ってきたときは、ザーザー降りです。。

18時を過ぎると黒磯駅方面に行くバスは残り1本。
最終バスですので乗客も多いはずだと思っていたのですが、待っている人はまさかのゼロです。

「時刻表にはまだ18時台にもバスがあるように記載されているけど、もしかしたらこの雨で運行を中止したのでは・・・」

など、最悪の事態を想像してしまいます。

ウェイティングスペースの小屋があるとは言え、この雨の中、服がびしょ濡れの状態で一夜を過ごしたら、絶対に風邪を引きます。
いや、風邪ではすまないかもしれません。。

そして、さらに不安になったのが、バスが予定時刻になっても来なかったことです。

結果的には予定時刻を過ぎたものの、ちゃんと来てくれたから事なきを得たのですが・・・
山奥に日帰りで行く場合は、終バスを避けて、余裕をもった計画にした方がいいな、ということを身をもって学びました。

さて、何とか無事に黒磯駅まで戻ってきた後は、たまたま見かけた、そば味(?)のソフトクリームを食べてみました。
普通に美味しいソフトクリームですね。そばの味は・・・どうだったかな。。

その後は、宿泊先のホテルがある宇都宮駅へ。

駅前にある「アール・メッツ宇都宮」というホテルにチェックインします。

部屋の様子はこんな感じです。
この日は雨に濡れたりで疲れすぎていて写真を撮り忘れましたので、翌朝撮った写真です。

ほうじ茶や煎茶、アメニティなどが丁寧に(?)紙袋に入れてあります。

この日はコンビニなどで適当に食べ物や飲み物を買って来まして、ホテルで友人と乾杯しました。

その後は疲れがどっと出てきてしまいましたので、早めに寝ることにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする