成田空港に到着し、チェックイン&Wi-Fiルーターをレンタル!

バスに乗って1時間ちょっとで成田空港に到着です。
今回はフィリピン航空を利用しますので、第2ターミナルで下車します。

成田空港に到着した時点で出発2時間前になっていましたので、まずはチェックイン手続きをしに行きます。

電光掲示板を確認してチェックインカウンターAに行きますと、ほとんど待たずに手続きを済ませることができました。
こんなこともあるんですね。ラッキーです。

チェックイン手続きの際には手荷物の重さチェックがあります。まさかの4kg台ということで、そんなに軽いの?と半信半疑ではありますが、重さチェックは問題なくクリアです。
重さが書かれたタグをリュックに貼ってもらいます。

なので、自分で重さを測ったところ、4.82kgでした。
やっぱり4kg台だったんですね。ということは、まだいろいろ荷物を追加することも可能です。

その後は、レンタルを予約しておいたWi-Fiを受け取りに行きます。
受け取りにはパスポートが必要となります。準備していないとカウンターで手間取り、後ろに並んでいる人から白い目で見られます。。

今回レンタルしたWi-Fiルーターがこちら。
いたって普通のルーターです。

次は、毎回恒例のレートチェック。
今回はフィリピンのダバオに行きますので、フィリピンのレートを見ていきます。

りそな銀行は2.590。

京葉銀行は2.570。

GPA外貨両替専門店は2.540。

これらのレートは1フィリピンペソが日本円でいくらか?を表したものですので、数字が小さい方が有利です。
この3店の中で最も有利なのはGPA外貨両替専門店で、1万円を3,937ペソに両替することができます。

成田空港内にはSIMカードの自動販売機が設置されています。
主に訪日外国人がターゲットになっていると思われますが、会社によって値段は異なるようです。

NTTコミュニケーションズのSIMは、7日間有効のものが3,726円で、14日間有効のものが5,346円。

U-mobileのSIMは、7日間有効のものが2,500円で、15日間有効のものが4,000円。

通信可能なデータ量が違う可能性もありますが、期間と値段だけで比べるとU-mobileの圧勝です。

この2つの自動販売機はかなり近い場所にあるのですが、NTTコミュニケーションズのSIMを購入する人っているのでしょうか・・・。疑問です。。

時間も迫ってきましたので、今回は4階のモールには行かずに出国手続きへと進むことにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする