岐阜駅前の怪しい「中問屋町入口」に突入してみた!

21時半前に岐阜駅に到着。予約していたホテルに向かいます。

以前来たときと同様に、駅前の広場はブルーライトでライトアップされていまして、いい雰囲気を醸し出しております。
カップルもちらほら見受けられましたし、デートのコースに入れてもいいかなぁと個人的には思います。

そのライトアップは、こんな感じです。自分の住んでる最寄りの駅でこういうことをやってくれたら、きっと外に出る機会が増える気がします。

そして、織田信長の像もあります。こちらも以前来たときと同じですね。
像の下の方には、「織田信長公 岐阜入場・岐阜命名450年」が「あと127日」となっています。2017年に入ってすぐくらいのタイミングでしょうか・・・?

というか、「織田信長が岐阜を作った」といっても過言ではないくらい関わっていたというのが、ちょっと驚きです!

こちらは今回宿泊するホテルです。
「コンフォートホテル岐阜」ですね。前回岐阜に滞在した際もお世話になりました。

途中、「中問屋町」という、いかにも怪しそうなスポットを横目に・・・

コンフォートホテルに到着です!

チェックイン手続きを済ませ、さっそく部屋へ。
ちなみに、このホテルは出入りする際にフロントを通る必要はありません。何度も出入りする人とかは、普通のホテルだと、出入りするたびにフロントの人に挨拶されたり・・・と、ちょっと気まずい感じになったりする可能性もありますが、このホテルの場合、そんな心配はいりません。

それでは恒例のお部屋チェックです。
良くも悪くも普通ですかね。最低限必要なものは一通り揃っているといった感じです。

部屋で一息ついたところで、京都駅で購入した八ツ橋を食べることに。

今回購入したのは3種類の味がセットになっていて若干お得感はありますが、わりとオーソドックスなタイプのものです。

八つ橋を食べるのなんて、中学生時代に修学旅行で京都に来たとき以来でしょうか?ものすごく久しぶりな気がします。
久しぶりの八つ橋はどこか懐かしい味でしたね。3種類全て食べてみましたが、1番普通(写真だと1番下)の八つ橋が最も美味しかったように思います。

テレビを見てお酒を飲みつつ、八つ橋を食べる。そんな至福のひとときを過ごし、京都旅行は2日目を迎えます。

京都旅行2日目。朝起きて、まずは朝食です。
このホテルはバイキング形式の朝食がついてきます。

品数がちょっと微妙という点はさておき、1泊2日で朝食として食べるくらいなら、全然問題ありません。

まずは1皿目。
ワッフルがあったので食べてみましたが、それ以外は、朝食の典型的な組み合わせという感じでしょうか。

そして2皿目。デザートがメインで、あとはなんとなくパンもおかわり。

そんなこんなで朝食を満喫しまして、その後、ホテルをチェックアウト。
フロントの人たちは、感じのいい人ばかりな印象です。次回岐阜に行くときもまた利用しようと思います。

さて、「中問屋町入口」にやってきました。
昨日は怪しい雰囲気が漂っており、中に入れませんでしたが、朝ならまだ明るいので、勇気を振り絞って入ってみました!

中に入りますと、文字通り「シャッター街」でした。。
いくら歩いても営業してるお店が見つかりません。。日曜日だからでしょうか・・・?

テナント募集の貼り紙も多く見受けられますが、2016年のセールの貼り紙などもありましたので、今もまだちゃんと営業してるお店はありそうです。
・・・とすると、平日に来れば、もしかしたらシャッター街じゃない一面が見られるかもしれません。

下の写真は、とあるお店のシャッターに貼られていた紙です。達筆すぎて、もはや読めません。。

「中問屋町入口」の中を散策して自己満足した後は、岐阜駅にやって来ました。
夜のライトアップされた姿とはまた違った印象です。

織田信長の金色の像が相変わらずそびえ立っております。

まだ朝の9時過ぎですが、そろそろ川崎に向けて出発です。1泊2日で、かつ片道7時間以上かかりますので、旅行先ではあまりゆっくりできません。
青春18きっぷを使うと安く旅行できますが、移動時間が長いのはやっぱりつらいですね。。

そして、名古屋駅(だった気がします・・・)でたまたま見つけた、知立名物「大あんまき」。
名物というワードに反応しまして、黒あんの大あんまきを購入!

さっそく食べてみますと、これがまたウマい!
旅行中に食べる大あんまきは格別です^^

そんなこんなで、大あんまきを食べつつ、川崎へと戻るのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする