金閣寺からバスで30分!銀閣寺でサンドアート(?)を楽しむ!?

金閣寺を見学後は予定通り、銀閣寺へ向かいます。
金閣寺道のバス停から出発するのですが、バス乗り場は注意が必要です。来たときに下車したバス停で乗るのは間違いでして、そのすぐ近くにあるT字路の対角線上にあるバス停で乗る必要があります。

そのバス停も金閣寺道なんですが、そこから102番バスに乗りまして、銀閣寺道というバス停で下車します。
銀閣寺方面の道路もやっぱり渋滞してまして、今回も30分くらいかかりました。。

銀閣寺道のバス停で降り、人の波に流されて進みますと、銀閣寺の方向を示す看板があります。

その方向に沿って歩いていきますと・・・

ソフトクリームや八つ橋などのお店がちらほら見えてきます。

そんなこんなで10分弱歩きますと、ついに銀閣寺に到着です!

入り口の門をくぐりますと、木々に囲まれた、狭くて長い道があり・・・

そこを通り抜けると、チケット売り場が見えてきます。
拝観料は500円。金閣寺よりも高いのはちょっと納得いきませんが、気持ちを静めて素直にお支払い。

金閣寺と同様、お札がチケット代わりのようです。

銀閣寺にもやっぱり様々な禁止事項があるようです。
集合写真の撮影は禁止されていないようですが、自撮り棒はドローンは禁止されていますね。

禁止事項の順守を誓い、ついに銀閣寺とご対面!
銀閣寺は銀じゃないんですよね。歴史に疎くても、さすがにそのくらいは知っていましたが、そう考えると、余計に拝観料は金閣寺より安くてもいいでしょ・・・と思ってしまいます。

ちなみに、銀閣寺の正式名称は東山慈照寺というようです。
もちろん、初耳です。。

ここでもやっぱり、もう少し歴史を勉強してから来ればよかったな、という後悔の念もありましたので。。次回来るまでにもう少し勉強しておこうと思います。

で、銀閣寺は建物だけではなく、自然もけっこうきれいです。

なぜか、砂で模様を描いてたりもします。
サンドアートっていうヤツですかね?銀閣寺が建てられた時代からあったものだとしたら・・・と考えたりもしましたが、まぁそんなことはないんでしょうね。。

サンドアートの次は、再度、豊かな自然の中を進みます。

そして、怪しい形の石を発見!これは見た瞬間に一目惚れ、というか、写真を撮らねばという気にさせられました。いや、変な意味ではないですよ。。

その後、少し高い位置まで上りまして、そこから銀閣寺を見下ろします。
木々の隙間から銀閣寺!いや~いい眺めですな。

・・・ということで、銀閣寺のまわりを一周しまして、見学は終了です。
それにしても、銀閣寺は、金閣寺やこの次に行く清水寺よりも、プロっぽいカメラマンさんがかなり目につきました。外国の方で、本格的なカメラを持っているので、とても目立ちます。

ただの趣味で撮影しているのか、それともガイドブックか何かに載せる用の写真を撮っているのかは定かではありませんが、日本に興味を持ってもらえるのはありがたいことですね!

そんなことを感じつつ、次の目的地である清水寺へと向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする