白河名物「だるまバーガー」&新白河駅前「せきた」で白河ラーメンを堪能!

メインの小峰城を見学後、敷地内を散策していたところ、白河集古苑という館にたどり着きました。
小峰城はタダですが、こちらは320円の入館料が必要のようでして、完全に料金設定おかしくね?と思ったりもしましたが、、先ほど小峰城では募金しなかったため、少しでも復興の助けになればと思い、入ってみることにしました。

館内は写真撮影NGとのことですので、入館料を支払った際に受け取ったチケットとパンフレットだけ記念に1枚。

で、このチケットなんですが、よ~く見ると、値段が310円から320円に手書きで修正されてるんですよね。
消費税が8%に増税されたタイミングで値上げされたのか、それとも震災の復興費用を上乗せしているのか・・・そのあたりは定かではありませんが、集客が想定以下のせいで(?)、用意していたチケットが値上げ前に売り切れなかったのは確かです。。

白河集古苑の中は写真撮影NGですので、もちろん写真はないのですが・・・、複製品を展示している旨の貼り紙がありまして、それなら別に写真撮ってもよさそうなもんだけどね~とか思ったりもします。

さて、白河集古苑を見学後は、そろそろお昼ということで、昼食タイム!
小峰城の敷地内にあるお店で、白河名物のだるまバーガーを食べることに。

店内に入りますと、なぜか二次元キャラがお出迎え。
小峰シロという名前だそうで、萌えキャラというやつですかねぇ。。そのあたりはよくわかりませんが、けっこう店内の至るところに小峰シロちゃんがいます。

それはさておき、注文して数分待ち、ついにだるまバーガーとご対面!

かわいらしい、だるまのイラストが描かれています^^

だるまバーガーの具は上から順に、チーズ、トマト、カツ、キャベツです。

2口、3口かじった後の写真がこちら。
カレー風味のカツがサクサクでおいしいです!

ということで、小峰城を満喫した後は、白河駅へ戻ります。

白河駅前では何やら盛り上がっているスペースがありましたので、ちょっとだけ行ってみることに。

入り口でパンフレットとうちわをもらいます。
「しらかわ 道」というイベントのようです。ちなみに、この「道」という字は「みち」と読むそうですが、ワンピースのMr.2 ボン・クレー風に「ウェイ」と読むべきかで迷ったのは内緒です。。

ちょうどお昼時ということもあり、屋台前はけっこうにぎわっていたのですが・・・

会場内に用意されている席はほとんど埋まっておらず。。
ですが、それもそのはず、このイベントは12時開始でして、ここに来たのが12時5分くらい。開始直後なので、しょうがないですね。。おそらく、夜とかに来れば、この席も全て埋まり、かなり盛り上がってるはずです。

さて、その後は新白河駅にやって来ました。

駅構内はこんな感じです。

新白河もだるまや小峰城などがアピールポイントになっているようですね。

そして、小峰シロちゃんも!

続きまして、新白河駅の外観はこんな感じです。

新白河駅は新幹線の停車駅ということで、白河駅よりも栄えてるなんていう事前情報をネットで得ていたのですが、駅前はこんな感じ。
車がないと生活できなさそうな第一印象は、白河駅と変わらず。。

駅前にはウインズもあるようです。

で、ここからが本題です。
なぜ新白河駅に来たのかといいますと、その目的は白河ラーメンです!

白河ラーメンで一番有名なお店は「とら食堂」というところのようですが、駅から遠いこともあり、今回は断念。
新白河駅の高原口から徒歩30秒くらいのところにある「せきた」というお店に行ってみました。

店内はかなりレトロな雰囲気で、歴史を感じます。
近くにウインズがあるせいか、店内のテレビは競馬中継がかかっておりました。

今回は一番シンプルな「手打中華」をオーダー!

このお店の麺は全て手打ちだそうで、いい感じにちぢれてますね。

見た目はけっこうどこにでもある普通のラーメンという印象ですが、食べてみますと・・・
これまた普通のラーメンというのが正直な感想です。。

いや、美味しいことは美味しいんですが、川崎から新白河まで4時間以上かけて食べに来る価値があるかは微妙なところです。
ちなみに、30分くらい前にだるまバーガーを食べたせいもあるかもしれません。。

ということで、この日は夕方から別の用事がありましたので、新宿へ。

先日オープンしたばかりのバスタ新宿です。
近いうちに利用してみたなぁと思ってます。

そんなこんなで、白河旅行は終わりです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする