桃園国際空港と市内を結ぶMRTが開通!?まずは台湾元に両替&SIMを購入!

飛行機は18時22分に離陸。だいぶ遅れているようです。
個人的にはお腹がだいぶ減ってるんですが、まぁもちろん、そんなことはお構いなしですね。そういえば今日は朝にエナジードリンクを飲み、昼にファミマでドーナツとコーヒーを食べただけなので、そりゃあお腹も減りますよね。。

そんなことを思っていても、台湾までのフライト時間は変わりませんので、今回の旅行の計画でも立てることに。
今回は本当にノープランでここまで来ましたので、図書館で借りた地球の歩き方も、機内で初めて開きました。

地球の歩き方を見てみますと、早ければ2016年3月にも、空港と市内を結ぶMRTが開通するとの情報がありました。これは乗らない手はありません。
開通したてのMRTの情報を記事にしたりすれば、ブログのアクセス数も大幅にアップして・・・なんていう不純な気持ちがあったかどうかは別にして、新しいことは試してみたいですもんね^^

とりあえず市内にはMRTで向かおうということだけは決まりましたが、やっぱり睡眠不足で頭が働かず。座席の寝心地は正直良くはないですが、とりあえず睡眠を取っておくことに。

機内ではたいした出来事も起こらず、21時32分、無事に台北の桃園国際空港に到着です。
1年半ぶりに戻ってきました!

空港のフリーWi-Fiに接続しますと、iPhoneの時刻は一瞬で台湾時間(日本時間マイナス1時間)に。
そして、ここから本格的に台湾旅行がスタートです!

ということで、まずはイミグレへ。
台湾時間で21時前というわりと遅めの時間だからか、空港内はけっこう人も多くなく、静かです。

入国前にまずは両替をすませます。
台湾のお金は9,135元持って来ていますが、このお金が本当に台湾のお金かちょっと自信がなかったので、確認の意味も込めて、1万円分だけ両替しておきました。

ここの両替レートは0.2833です。
(ちなみに、入国後も両替所も同じレートでした。)

1回あたり手数料が30元かかりますので、1万円で2,803元になりました。
成田空港で両替すると2,660元くらいにしかなりませんので、やっぱり台湾に来てから両替した方がお得ですね。

この両替所はカウンターが2つあるんですが、夜も遅いということで1つしか開いておらず。
でも、両替した際は前に5人くらい並んでまして、さらにもう1人いた店員さんは遊んでるっぽかったので、それならもう1つのカウンターも開けて処理してよ!という感じでした。。

さて、両替後はイミグレで入国審査。
機内では入国カードを書きましたが、実はビザの情報を書く欄に、その下の項目である住所を詰めて書いてしまいまして・・・でも、新しい用紙をもらって書き直すのも面倒くさかったので、「ビザの欄に書いてあるのは住所だよ」ということで、矢印で訂正だけしておきました。

そんな入国カードを入国審査時に提出しましたが、普通に受理してくれましたね。

また、台湾はセキュリティがしっかりしていまして、イミグレでは指紋の登録が必要でした。

無事に台湾に入国後、まずはSIMを物色します。
台湾大哥大、遠傳電信、中華電信の3社が揃っていましたが、前回の台湾旅行の際と同じく、中華電信にすることに!

今回は3泊4日の旅行ですので、5日用のSIMをチョイス。
5日用は300元のもの(通話が50元分プリチャージされているもの)と、500元のもの(通話が300元?500元?分プリチャージされているもの)の2種類が用意されていましたが、特に通話する予定はなかったため、300元の方にしておきました。

ちなみに、データ通信は無制限のようです。

購入する料金プランを選択後、店員さんにスマホを渡しますと、APNの設定などは全てやってくれました^^