GL-06P+台湾のSIMでネットに接続するときの注意点まとめ!

GL-06P+台湾のSIMでネットに接続できた記念に、まずは写真撮影です。

接続するためにはGL-06Pに対してAPNの設定を行う必要があるのですが、iPhoneからはなぜか上手くいかず。
なぜか、ログイン画面がちゃんと表示されないんですよね。

何回か画面を更新したら、見た目はちゃんと表示されたんですが、ログインボタンが押せなかったりで、結局ログインできず。。

その後、Android端末で試してみるとログインに成功しましたので、iPhoneとの相性が悪いのか、それとも端末固有の問題なのか・・・。そのあたりは定かではありません。。

あとは、国際ローミング設定も必要でした。
ただ、この国際ローミング設定がくせものでして、GL-06Pを再起動すると、設定が元に戻ってしまうようです。

なので、一度設定したらGL-06Pを起動しっぱなしにするか、もしくは使うたびに設定し直さないといけません。。

最後に、念のため、回線速度を計測してみたところ、微妙な感じです。
アップロード速度が意外と速いので、アップメインの人にとってはいいかもしれません。

その後はついでに、レンタルしたWi-Fiルーターの速度も計測してみました。

ダウンロード速度は10Mbps超えということで、速度はWi-Fiルーターの方が速いですね。
今回購入してGL-06PにセットしたSIMは3Gなので遅いのは仕方ないんですが、今度は4GのSIMを購入して試してみたいと思います。

Wi-Fiルーターをレンタルせずに台湾に来た場合、1つだけ心配なことがあります。
それは、何らかの理由でSIMを購入できなかった場合や、GL-06Pの故障などで、ネットに接続できないリスクがあるということ。こうなった場合は屋外ではGoogleマップすら使うことができませんので、旅行も満足にできない可能性が高いです。

このリスクを負ってまで現地のSIMオンリーにすべきかどうか・・・迷うところです。

また、このホテルにはWi-Fiがないのかな~とずっと思っていたんですが、ホテル滞在最終日の夜にして、ついに発見しました!
ルームキー入れ(?)の端っこにしれっと記載されていました。わかりづらいですよね。。

ということで、さっそく接続し、回線速度を計測してみます。
※記載されているアクセスポイントがなかったので、似た名前のに接続してみました。

で、速度はダウンロードが26Mbpsということで、もっと早くから気づいてればなぁ・・・という感じです。
まぁ最後まで気づかないよりはマシですので、よしとしましょう。

そんな感じで、Wi-Fiの調査もひと段落したところで、こんなものを発見!
洋服とかを掛けるためのものだと思うんですが、絶対的に高さが足りてませんよね。。

そんなことを考えつつ、夜は更けていきます・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする