台湾屋台名物!?ライス in ウィンナーを食す!

誠品書店を一通り見終えた後は、先ほど見かけて気になっていた光武市場へ。
場所がわからなかったのでGoogleマップで検索して向かったのですが、その場所には何も見当たらず・・・結局周辺を散策するだけして帰ることに。

夜市じゃなさそうなので朝行ったらやってるのかもしれませんし、もしかしたらすでに潰れてしまっているのかもしれません。。
何か情報をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください!

ということで、そろそろホテルに戻ります。

・・・と思ったんですが、忠孝敦化駅の地下で、たまたま東區地下街を発見。
この時点で足がだいぶ疲れていて、もはやまっすぐに歩けない程でしたが、地下街があるのに行かないわけにはいきません!

で、東區地下街に行ってみたところ、ちょっと微妙な感じ。。
これまでに士林観光夜市やその他の夜市、中山地下街(ここは前回来たときですが)などをいろいろ見て回った後ですと、イマイチ盛り上がりに欠けているかな・・・というのが正直な印象です。

さて、気を取り直しまして、宿泊しているホテルの近くで食べ物を調達することに。
たまたま目についたのが、こちらのソーセージ屋さん(?)です。

値段が書いてないので若干心配はありましたが、ソーセージは2種類あるようなので、両方ともオーダーしてみることに。

オーダーすると、さっそく焼いてくれます。
焼き上がるまでの間、お店のおばちゃんは中国語で一生懸命話しかけてくれたんですが、全く理解できず・・・。中国語ができたらコミュニケーション取れるのに。。

焼き上がった後、少しくらい知ってる中国語を使おうと思い、「多少钱」と言ってみました。日本語で「いくら?」という意味なんですが、これがちゃんと伝わったようで、おばちゃんは笑顔で50元と答えてくれました^^

で、気になるソーセージがこちら。
右側は普通のソーセージなんですが、左側はなぜかご飯が入っています!まぁ両方とも普通に美味しいんですが、いったいなぜご飯が・・・。

8時半頃にホテルに戻って足を見てみると、足の裏には水ぶくれが・・・。どうりで痛いわけだよな~と改めて思いつつ、ウィンナーを食べて回復を待ちます。

が、すぐに回復するはずもありませんので、休憩も兼ねて、日本から持参したSIMフリーのGL-06Pに、台湾で購入したSIMを入れ、ネットに接続できるかを確認することに。
接続できることを確認できれば、日本でWi-Fiルーターをレンタルする手間とお金を節約できることになります!

結論から書きますと、GL-06P+台湾のSIMでネットに接続することができました^^
詳細は次回の記事でまとめたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする