双連駅からすぐの市場で玉米起司を食す!

雨のせいで靴の中はすでにビショビショですが、引き続き、淡水を散策します。
金色水岸沿いが一通り見終わりましたので、次は一本中に入った道を散策してみることに。

すると、怪しい小道を発見!中は暗めですし、冒険のにおいがします。
アドレナリンたっぷりな状況の中、この好奇心は抑えきれず、、さっそく中に入ります。

中はこんな感じです。見た目通り、道がめちゃくちゃ狭いです。
それなのに、雨が降っていて、みんな傘を差していますので、向こう側から来る人とすれ違うときなんかも、スムーズに通れないんですよね。。

しかも、この市場(?)は、屋根はあるんですが、作りがだいぶザツになっていまして、屋根と屋根の間から普通に雨が降ってくるんですよね。
中途半端に屋根があるもんだから、一旦傘を閉じて歩いたりすると、その屋根の隙間の下を歩いたときにものすごく濡れるというトラップが待ち構えております・・・。

さて、気を取り直しまして、この市場はけっこうお客さんも多く、賑わっていました。
扱っている商品も、肉、魚、野菜・・・と一通りありまして、品揃えはよさそうです。おそらく近くに住んでる人たちが普通に利用する場所なんだと思われます。

市場の中を見学した後は、引き続き淡水の街並みをブラブラ。

ダイソーがありましたが、潰れてるっぽかったです。。

そんなこんなで、淡水駅に戻ってきました。
で、小銭がたまってきたので、その処理も兼ねて、Easy Cardにチャージ!1元からチャージできる機械もありますので、小銭がたまってしょうがないって人はEasy Cardにチャージしてしまうことをオススメします。

ちなみに、この機械にはEasy Cardの有効期限が表示されたんですが、どうやら期限が切れるまではあと20年くらいあるようです。
有効期限が20年以上もあるなんて、ちょっと長すぎじゃね?と思ってしまうのは気のせいでしょうか・・・?

淡水駅は11時40分くらいに出発。
これから何をしようか全くノープランだったので、MRTの中でいろいろ考えた結果、とりあえず双連駅に行くことに。35分くらいで到着です。

淡水から双連までは36元かかりましたが、もともと29元しか入っておらず、残高がマイナス7元に。Easy Cardは残高がマイナスになっても外に出れるのがいいですね!ただし、次に利用するときはチャージしないとダメですが。。

双連駅には何があるかといいますと、駅を出てすぐのところに市場があるんですよね。初めて台湾に来たときに訪れた場所ではありますが、また久しぶりに来てみようと思った、というわけです。

市場の様子はこんな感じです。
いつの間にか雨はすっかり止んでまして、まさに市場巡り日和です。

ちなみに、この市場は確か朝市でして、野菜を売るお店などはソールドアウトですでに店じまいしているところもありました。

時刻はすでに12時半近く。淡水では結局、長~いアイスクリームしか食べなかったため、お腹がちょっと空いてきており、このあたりで何か食べることに。
ちょうどそのとき見かけたのが、この看板と数人の行列。行列ができてると食べたくなってしまうのは日本人の性とでも言うんでしょうかねぇ。

とりあえずノーマルなものを食べてみようと思いまして、「素」と書かれた「玉米起司」をオーダー。
そもそもここが何屋なのかもわかっていないので、少し心配もありますが。。

受け取ったのがこちら。

一口かじって中を見てみますと、こんな感じです。
パンの中には、ビーフンだか何だか麺っぽいものと、ニラっぽいものも入っています。これがけっこう美味しく、この市場を散策している途中で完食しました!

この市場の通りにも、お寺(?)があります。

また、ドリアンも売っています。
台湾のドリアンがどんな感じか興味がありましたが、フィリピンのダバオのものにはかなわないだろうな~と思いつつ、先ほどのパンのようなものを食べてお腹も満たされていましたので、ここはスルー。

ということで、この市場の散策は終了です。
この後のことも全くノープランだったので、とりあえず、永楽市場や迪化街のある方面に歩いて行ってみることにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする