龍山寺駅周辺で宝探し&卒業制作イベント開催中!?

龍山寺駅に到着後、まずは周辺を散策してみます。

まず最初に目に飛び込んできたのは、この龍です!
駅名にちなんで龍を置いてみたのか、それとも龍で有名(?)だったから龍山寺という名前になったのか・・・。

別の角度からもう1枚。せっかくの龍なので、いいショットを撮ろうと少しだけ試行錯誤してみましたが、残念ながら龍の周辺は立ち入り禁止になっておりまして・・・これが精一杯でした。。

龍山寺というだけあり、大きな鐘もありました。
お寺にあると除夜の鐘っぽく見えますが、そもそも台湾にそういう文化があるのか不明です。。

それはさておき、龍山寺駅周辺にはなぜか老人が多数。いつもそうなのか、この日がたまたまそうなのかは定かではありませんが、みんな同じ紙を持ってたんですよね。宝探しでもしてたのかな。。
・・・なんて思うと、台湾のお年寄りたちが急にキュートに見えてきたりします。

そこからちょっと横道に入りまして。

すると、またもや市場を発見!
「新富市場」「東三水街市場」と書かれていますが、結局この市場の名前って何?という感じです。両方ともこの市場の正式名称なんでしょうかねぇ。。昔と今の名前だったりとか・・・?

もちろん、この市場に入ってみます。
今回も画像が乱れておりますが、ご容赦を。。

市場の様子はこんな感じです。
龍山寺駅に近いということもあり、先ほど見学した直興市場よりも人は多かったです。

龍山寺駅周辺を適当に散策していると、周囲と雰囲気の違う建物を発見。もちろん近寄ってチェックしてみます。

何やらイベントが開催されているようでして、ちょうどこの日が最終日のようです。
入場料等はかからないようですので中に入ってみます。

中はこんな感じです。
絵心がないのでよくわかりませんが、壁には何やら芸術的な(?)絵が描かれています。

いろいろな展示などがあるようですが、全て素通りして出口へ。と思いきや、女性が呼び込みのようなことをしてまして、こちらが入り口だったようです。出口から入ってしまったので、入ったときは何のイベントをやってるんだかもよくわかりませんでしたが、入り口に来てみて、いろいろわかりました。
中国語が理解できないので勘で解読してる部分が大部分ではありますが、どうやらこのイベントは学生の卒業制作イベント(?)のようなもののようです。

・・・ということで、そのイベント会場をあとにしまして、散策を再開。
すると、地蔵王廟というところがありまして。お寺?神社?のような場所ですが、台湾ってこういう建物が普通の家とかお店とかの間に建ってるので、そういう光景はちょっと不思議な感じがします。

続いては西昌街観光夜市。まだ昼間ですので、準備すらも始まっていない模様です。。

そして、龍山寺駅周辺を一周して戻ってきました。
次はメインの龍山寺の中に入ってみることにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする