名古屋駅できしめんを堪能!

ロープウェイのりばまで戻ってきました。
このあたりは猪が出るようなので、注意が必要です!

天候により運行を見合わせることもあるとのことです。
ということは、山の上に取り残されることもあるってことでしょうか・・・?

こんなお知らせも出ていますので、さらに不安が強くなります。

結果的には問題なくロープウェイは動きまして、無事に下まで戻って来れました。
ちなみに、帰りは強制的にお土産屋さんの中を通るルートになっております。。

そして、岐阜駅までまたバスで帰るのもアレなので、徒歩のルートを検索してみたところ、Googleマップによると44分とのこと。
・・・ということで、やっぱりバスで帰ることに。

岐阜駅行きのバス停は、岐阜公園を出て左に少し行ったところにあります。

最初は岐阜駅からこちらに来た時に降りたバス停に行ったんですが、どうやらそのバス停からは岐阜駅には帰れないようで。。
なんとなくバス停に違和感があり、ネットで調べたところ、この事実が発覚しました。

やっぱり旅行にもネットは欠かせませんね。

ということで、バス停で、岐阜駅行きのバスを待ちまして。

バスに乗車し、来た時と同じく、現金支払い用の紙を取ります。
運賃も来た時と同じく、210円です。

JR岐阜駅に戻り、青春18きっぷにハンコを押してもらい、名古屋駅へ。

せっかくなので、記念に名古屋駅周辺の写真を撮っておきました。
このあたりは、けっこう面白いモニュメントも多いですね。

その後、名古屋駅構内のきしめん屋へ。
昨日はお腹いっぱいで食べれませんでしたが、通りがかって気になってたお店です。

11時45分にお店に着きましたが、やはりお昼時ということで、行列ができております。
このお店も、昨日の矢場とんと同様に、お店に入る前にメニューを受け取り、注文する料理を決めておくスタイルです。

そして、11時55分に入店。注文したのは、お店の名前がメニューにもなっている「驛釜きしめん 天むすセット」です。
やっぱり、お店の名前が入ってるということは、それだけお店が力を入れているということですもんね!

約5分後、12時ジャストに料理が到着。

さっそく食べてみたところ、きしめんはうどんみたいでしたね。普通に美味しかったです^^
どこかの居酒屋にある「カルボナーラきしめん」を思い出したりもしました。。

食事後、川崎に帰る電車まではまだ1時間近くありましたので、お土産でも買うことに。

買ったのはこちらの2点。
完全に私事ですが、家族はあんまり甘い物とか食べないので、お土産もけっこう迷うんですよね・・・。

そして、ついに帰りの時間。
名古屋に別れを告げ、川崎へと帰っていくのでした。

ちなみに、途中までは順調に座れてたんですが、熱海駅で乗り換えの際、トイレに行ったら、ホームは電車待ちの人で行列ができており・・・座れず。
一番長い78分の区間(熱海~川崎)に立ちっぱなしはけっこうしんどかったですが、なんとか無事に帰宅しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする