興津の読み方にビックリしつつ、旅行のプランを考える

熱海駅で島田行きの電車に乗り換えます。

興津駅まではおよそ1時間の旅ということで、なんとしても席を確保したいところ。
早歩きで乗り換えたところ、無事に席をゲットできて喜んでいたんですが、それもつかの間、車内アナウンスがありまして。どうやら「電車は現在5両編成だけど、沼津駅で後ろ2両を切り離します」とのことで、今乗ったのはちょうど最後部だったんですが、ここにいたら興津駅に行けませんので、あわてて前3両に移動しました。

まぁ案の定座れませんでしたので、1時間立ちっぱなしが確定です。
興津駅での乗り換えに賭けることにしましょう。

前3両に移動したところで電車は出発しました。

熱海駅を出発してから10分くらいはトンネルの中を通ったりしますので、電波は不安定です。
この熱海駅周辺の圏外を解消したらだいぶ便利になると思うんですよね。ぜひ取り組んでいただきたいんですが、技術的?金銭的?になかなか難しいんですかねぇ。。

その後は三島駅で人がたくさん乗ってきまして、沼津駅で車両の切り離し。やっぱり長時間停車します。
車内は徐々に混雑してきまして、スマホを使えないくらいに。でもネタになりそうな面白い人もいませんでしたので、ボケーっと外を見たりして過ごしておりました。

沼津駅を過ぎたあたりから、途端にWiMAXの電波が弱くなったように感じ、ここからドコモ回線のテザリングに切り替えです。やっぱりWiMAXはこのあたりで限界のようです。。

そんなこんなでおよそ1時間が経過しまして、興津駅直前で車内の混雑度はMAX!しかも興津駅では思ったほど人が降りず、降りるのに一苦労でした。。興津駅で降りるときは、できるだけ出口付近に陣取っておいた方がよさそうです。

興津駅で乗り換えて初めて知ったのですが、興津は「おきつ」って読むんですね。「こうづ」だと思ってました。。

興津駅からは浜松行きの電車に乗り換えです。
今回は乗り換え時間が14分もあったおかげで、だいぶ早くから乗車待ちしていたんですが、やたらと寒いんですよね。興津駅って標高の高い場所にあるんでしょうか。風が強くて、途中で心が折れかけました。。

が、なんとか耐えて待ち続けたおかげで、3両編成の電車でしたが、余裕で座れました。

ここから岐阜までのルートは以下の通りです。

とりあえず掛川駅までの約1時間は座ってまったりできそうです。
隣のおっさんが競馬新聞を広げてたり、タバコ?加齢臭?で臭いというのは気になりますが・・・。

席をゲットできて心にも余裕が出てきましたので、このあたりで今回の岐阜旅行のプランを考えることに。ほとんどノープランで、とりあえず岐阜に行ってみようというノリで出発しましたので、この後どこにいくかもまだ未定だったんですよね。。
岐阜の観光スポットをいろいろ調べてみたところ、温泉で有名な下呂駅は岐阜駅から2時間、白川郷などがある高山駅までは4時間弱かかるようです。このまま岐阜駅に直行したら2時前には到着するんですが、それから行って帰ってくるにはちょっと時間が足りませんよね。。

ということで、今回は岐阜旅行と言いつつも、名古屋周辺を中心に観光しようかなという結論に至りました。

名古屋の観光スポットも城や寺、神社が多いようですが、それじゃつまらないので・・・
今回は多治見に行きまして、B級グルメ(?)のたじみそ焼きそばを食べることにしました。

とりあえずの行き先が決まったところで、掛川駅に到着。
「浜松行きの電車なのになぜ掛川駅で降りるんだろう?」という疑問はありつつも、Yahoo!乗換案内の指示に従うことに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする