水戸を経由して柏でホワイト餃子を食べてみた!

偕楽園で梅を満喫し、駅に戻ってきました。

現在の時刻は10時33分。以前の記事でも書きましたが、川崎方面に帰るには一旦水戸駅に行かないといけませんので、Yahooの乗換案内で電車の出発時刻を確認してみたところ・・・
次の電車は10時56分発ということで、まだ20分以上もあるじゃないですか。。

しかし、駅の時刻表によると、10時46分発の電車もあるようですが、どうやらこれは別途、グリーン乗車券だかなんだかが必要とのことです。

偕楽園駅にはホッカイロのサービスもあるようです。こういうのって、1人で何個も取ってく人とかいそうですよね。。

また、夜梅祭のことは駅にも案内がありました。今度来るときはこれにも参加したいですね。帰りの電車があるのかは心配なところですが。。

結局20分以上の時間を持て余すことになってしまったので、適当に駅からの写真などを撮ったりして時間を潰します。
駐車場は満車ですね。なので、電車で来る方がラクかもしれません。

なんとか時間潰しに成功し、無事に水戸駅に到着です。

やっぱり水戸ということで、駅前には水戸黄門ファミリーがいらっしゃいます。

駅前にはモニュメント(?)的なものもあります。

また、駅のカフェには徳川将軍珈琲というものがあったりもします。
水戸って、水戸黄門だけじゃなく、徳川将軍(何代目?)も有名なんですかねぇ。。

水戸はスタミナラーメンや水戸藩ラーメンなどが有名らしいので昼食に食べようかと思いましたが、最低でも駅から20分以上歩かないと食べられないようなので、諦めまして。
柏駅に向かうことにしました。

柏駅前には柏レイソル(?)か何かの黄色い服を着た人がたくさんいまして、何やらアピールしてました。やっぱりその地域の人たちは地元のチームを応援するんですね。そういえば、川崎のお店の中には「川崎フロンターレを応援しています」と宣言しているところもありますし。

柏駅に来たのは、ホワイト餃子というものを食べるためです。
以前からその存在を知っていて興味があったのですが、食べる機会がなく。今回ちょうど水戸から川崎に帰る途中に柏駅を通りますので、昼食に食べに行くことにしました。

駅から6~7分歩きますと、ホワイト餃子柏店に到着です。

このホワイト餃子は柏周辺のグルメサイトなんかでも取り上げられているようですので、やっぱり有名なようで、今回行ったときも10数名の行列ができていました。

店の前にはメニューがあります。

順番を待つこと25分、1時27分に順番が回ってきまして、店の中に入ります。

このお店は昼の営業が1時半まででして、「3分で追い出されたりしないかな・・・」とちょっとビクビクしていたんですが、さすがにそんなことはありませんでした。
1時半ジャストでのれんが下ろされまして、それまでに並んでた人まではオッケーという仕組みのようです。

今回注文したのはホワイト餃子10個がセットになった餃子定食780円。
ちなみに餃子単品ですと450円ですので、餃子以外のライスとスープとお新香が330円ということになり、ちょっと割高かな・・・という感じです。

注文してからもけっこう待たされまして、、1時45分、ついに料理が来ました!

餃子はフライパン8個をフル稼働して焼いているようですが、それでもやっぱり餃子が一番時間がかかってしまうようですね。

今回は餃子以外が先に来まして、後から時間差で餃子を届けてもらうことになったのですが、カウンターに無言で餃子を置かれたんですよね。何が起こったのか一瞬わかりませんでしたが、しばらくしてこれが自分用の餃子なんだと理解し、それを自分の目の前に持ってきました。その状態で撮ったのが上の写真です。
繁盛しているせいか、この店の店員さんは基本的に愛想があんまり良くありませんでした。。

肝心の味の方ですが、餃子の皮はパリパリですが、ちょっと厚すぎるかな。そのせいで中の具の味があんまりしないような気がします。。

あとはお手拭とか、手を拭くものも用意されていませんでしたね。。

ということで、今回たまたまかもしれませんが、この店にあまりいい印象は持てませんでした。
このお店にはおそらくもう行かないとは思いますが、今まで気になっていたホワイト餃子を味わうことができ、満足はしていますので、まぁよしとしましょう。

まだ昼食を食べ終わったところですが、この後は用事がありましたので、、今回の偕楽園旅行はこれにて終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする