二荒山神社を見学後、揚げゆばまんじゅう、みんみん、レモン牛乳を堪能!

薬師堂(鳴龍)を見学したことで、日光東照宮は一通り見終わりましたので、次なる目的地へ。
日光東照宮を出てすぐ右手の道路を進みます。

この長い道を抜けますと、国宝「大猷院」の看板が見えてきます。
日光はホントに国宝や重要文化財が多いです。

さっそくこの大猷院へ・・・と思ったんですが、特に理由もなく、何となく、行くのはやめまして。

その隣の二荒山神社に行きました。

門の柱に「良い縁鳥居」と書かれている通り、この神社は縁結びの神社のようです。

門をくぐり、少し歩きますと、神社本体がお目見えです。

この二荒山神社はここまで無料で入れるんですが、この先に「二荒山神社神苑」という有料地帯があります。
数年前に来たときはその有料地帯にも入ったんですが、無料地帯に二荒山神社神苑の写真とかが展示されていまして、もはやこれを見るだけで十分じゃね?という感じになりまして、今回は入るのをやめました。

ちなみに、こちらが神苑の入り口です。

また、先ほど書いた通り、二荒山神社は縁結びの神社ということで、それ系のおみくじが多数用意されています。
これには女子大喜びで、出会いを求める女性たちがおみくじをネタにワイワイ楽しそうにガールズトークを炸裂させていました。

また、ちょうどタイミングよく、結婚式を挙げているカップルに遭遇。そういえばここに来る途中の川のあたりでそれらしき人たちを見かけましたが、おそらくその人たちかと思われます。
縁結びの神社ということで、結婚式のニーズもあるんですね!お幸せに^^

ということで、この周辺はだいたい見終わりましたので(大猷院には行きませんでしたが・・・)、来た道を戻ります。

日光東照宮や二荒山神社周辺にはいくつか食堂などがありますが、それらのお店では、ゆばバーガーやゆば丼、ゆばトマトなど、ゆばと名前のつくものがいろいろと売られていました。ゆばはこのあたりの名物なんだろうとは思いますが、ゆばトマトなんて絶対ミスマッチだと思いますし、ゆばってつけとけば何でもいいと思ってるんじゃないかとも思ってしまいます。。

日光東照宮、二荒山神社周辺では結局ゆば料理を食べず、そのまま駅に戻ってきました。
帰りも歩きましたが、東武日光駅まではおよそ30分くらい。景色もいいですし、日頃運動不足の人にとってはいい運動になるかと思います。

さて、せっかく日光に来たのに、ゆばっぽいものを何一つ食べないのは申し訳ないような気がしてきまして、東武日光駅前で揚げゆばまんじゅうというものを買ってみました。

さっそく一口パクリ。

正直なところ、ゆばが入っているという食感はありませんでしたが、まんじゅうとしては普通に美味しかったです。
まぁちょっと塩がきき過ぎかなとは思いますが。。

その後はJR日光駅に戻り、日光線で宇都宮駅へ。

日光線に乗っている途中、iPhoneの充電が20%を切っていることに気がつきまして。ですが、今回は心配無用!ちゃんとモバイルバッテリーを持ってきているので、これにiPhoneを接続すれば充電は回復するんですよね~とカバンの中を探したところ、iPhoneとモバイルバッテリーを接続するケーブルを持ってくるのを忘れたようです。。
これは盲点でした。まさかケーブルを忘れるとは・・・。

気を取り直しまして、昼食タイム。
佐野ラーメンを食べに行く予定でしたが、行ったことがあるような気がしてきたので急きょ中止し、朝に続き、宇都宮駅で餃子を食べることに。

さすがに2食続けて宇都宮餃子館は飽きますし、この時間は他のお店もオープンしていますので、今回は駅前の「みんみん」にしました。

14時ちょっと前から並び始めまして、前に20人くらい先客がいました。
並んでる間はヒマなので、ここからヨドバシが見えるんだな~なんて適当に観察したりして時間を潰していたところ、およそ20分で順番が来ました。だいたい順番待ち1人あたり待ち時間1分の計算ですね。

店内に入りまして、メニューをチェック。

今回は焼餃子1人前、水餃子1人前、ライスのセットをオーダーしました。
10分程で注文の品が全て来まして、記念に1枚。

焼餃子はパリパリしてて美味しく、水餃子もグッドです^^
宇都宮餃子館よりもリーズナブルですし、行列ができるのはわかる気がします。

そして、駅前のNewDaysで宇都宮名物のレモン牛乳を購入。
初めてレモン牛乳を飲んだ感想としましては、たしかにレモン味なんですが、かなり甘いですね。。という感じです。

ということで、この後ちょっと用事があったため、日光旅行はこれで終わりにし、川崎方面に戻りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする