手を清めて陽明門へ!しかしまさかの修理中・・・

日光東照宮の門をくぐりますと、左側には五重(?)の塔が見えます。

その奥には、何やら売店のようなものが設置されています。
「開運けんちん汁」というものが300円などなど、微妙な・・・と言ったら申し訳ないですが、そんな感じのものが売られています。

もちろん、この売店は通過しまして。

チケットを購入します。1,300円という強気の価格設定ではありますが、かなり混雑しております。

残念ながら、2016年3月現在、陽明門は修理中とのことです。。

チケットを購入し、ついに東照宮の中に入ります。

すると、寒さを物語るかのように、あたり一面に(とまではいきませんが・・・)雪が残っています。

東照宮の入って最初(?)の建物です。世界遺産だけあって、やっぱり立派ですよね。

こちらはお土産屋さんですね。お守りや絵馬など、いろいろなものを売って荒稼ぎ・・・ではなく、人々に貢献しております。
それにしても人が多い。。

絵馬の値段は忘れてしまいましたが、その隣の「東照公御遺訓柱掛」というものは3,300円のようです。コレを高いと思うか安いと思うか、それはあなた次第。。
そういえば「あなた次第」ってフレーズ、昔ベトナムに行ったときにガイドしてもらった人の口癖だったな。。なんて今はどうでもいいですよね。。

そして、その奥には、聖闘士星矢の神殿のモデルになってそうな、立派な建物が建っています。

その中には何があるかといいますと、これ、何ていうんでしたっけ?手を洗って清めるところなんですが・・・。

ここで手をお清めした後、由緒正しそうな門をくぐります。

左右の鐘を通り過ぎまして。

この建物の中に入ります。

この工事用の布(?)に覆われた建物が陽明門です。チケット売り場で言われた通り、修理中ですね。
修理期間は平成25年7月から31年3月までということで、あと3年程は全体像を見れないようです。3年後にまた行きたいな、という感じです。

世界遺産だから観光客が多いのか、、外国人と関西人がやたらと多い気がします。しゃべってる声が大きいからそう思うのかもしれませんが、もしかしたら本当に多いのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする