日光線の車内でグローバル化を感じつつ、日光駅へ!

日光線に乗って出発を待つこと20数分、ようやく出発の時間がやって来ました。
車内は日本人よりも外国人の方が多いのでは?と思うくらいグローバル化してまして、さすが世界遺産の日光に向かう電車だけのことはあるな、という感じです。

ちなみに、出発直前にインドネシア?インド?っぽい人たちが隣に座りまして。おそらく英語で「この電車は日光に行く?」と聞いてきました・・・ような気がしましたので、「うん」とだけ答えておきました。英語だったかどうかすらもわかりませんでしたので、ホントにフィーリングオンリーですが。。
その後、その人たちはガイドブックを広げていたのでちらっと見てみたところ、先ほどの予想は外れていたようで、タイ語っぽかったです。日本に来るタイ人って、けっこう多いんですかねぇ。

そんなことを考えたりしていると、電車はすでに出発。
なぜか日光線の車内は広告がほぼないんですよね。単に広告を出す人がいないのか、それとも世界遺産行きの電車なので自主規制しているのか、、実際のところはどうだかわかりませんが、広告のかわりに習字とかがたくさん展示されています。なので、外国人旅行客のために日本の文化を紹介しようとしているのかもしれません。

そんなこんなで、日光駅に到着です。

さっそく世界遺産というウリを強調してますね。

ここからは、今回の旅行の最大の目的地である日光東照宮へ。
バスも出ていますが、せっかく日光に来たことですし、街並みも観光しようと思いまして、歩いて向かいます。

4~5分歩きますと、まずは東武日光駅が見えてきます。
先ほどはJR日光駅で、こちらは東武日光駅。日光にはこの2つの駅が少し離れた場所にありますが、東照宮に行く分にはどちらの駅を使ってもそれほど変わりません。今回は青春18きっぷを使っているという都合上、JR日光駅を使ってはいますが・・・。

そして、東武日光駅までやって来ました。

駅前はこんな感じ。JR日光駅前はほとんど何もありませんが、東武日光駅はお土産屋さんや食事できるところも何軒かあり、こちらの方が栄えている感じです。

ここから日光東照宮まではおよそ25~30分。気を引き締めて向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする