ダバオ空港のターミナルフィーを支払い、急いで搭乗口へ!

出発時刻が前倒しになったため、急いで搭乗口に向かいます。
が、そのまま直接搭乗口に行けるわけではありません。。

まずは第1関門。
ここで、国内線のターミナルフィー200ペソをお支払い。

すると、このオレンジ色の紙がもらえます。
個人的には、最初にセブパシフィックのサイトで航空券を予約したときに、一緒に徴収して欲しいな~なんて思いますね。

続きまして第2関門。
セブパシフィックの係りの人がいまして、搭乗券と先ほどのオレンジ色の紙を渡します。

どうやら乗客のチェックをしているようでして、搭乗券の便名に丸をつけて確認していました。

オレンジ色の紙には、意味不明なサインのようなものが。。

そして第3関門はセキュリティチェック。

空港に入る前に続き、搭乗口に行く前にもチェックがあるんですよねぇ・・・。

これらの関門を無事突破すると、通路を通りまして、ようやく搭乗口にたどり着きます。

搭乗口に到着したのは21時20分頃。急いで来ましたが、若干早く着きすぎたようです。
何もせずただ待っているのももったいないので、ダバオ空港のフリーWi-Fiに接続し、回線速度を計測してみました。

ダバオ空港の設備がイマイチよろしくないのか、それとも今回利用した搭乗口付近だけ特別環境が悪いのかは定かではありませんが、フリーWi-Fiにはあんまり期待できませんね。。
まぁ今回は搭乗までそれほど時間がありませんので、あまり問題にはなりませんが。

ということで、しばらくして搭乗開始です。

係りの人に案内され、さっそくマニラ行きの飛行機に乗り込みます。

座席は一番後ろの31A。31列しかない飛行機ですのでJALとかで使われている飛行機よりもかなり小さめですね。
一番後ろの席の真上には荷物を入れるスペースがなく、少し前方のスペースに置くことにします。

機内の両側には何やら宣伝のようなものがありまして。これはきっとLCC特有なんでしょうね。稼げるところで確実に稼いでいくということだと思います。

自分の席に座ってからは暇だったので、離陸前に飛行機から写真を1枚。
光っててよくわからない写真になってしまいましたけど・・・。

ちょっと見づらいですが、下の写真は飛行機の窓です。
こういうところがLCC品質というか何というか、窓の間に蚊のようなものが数匹挟まっておりました。。