チャイナタウン近くのGモールで買い物後にトラブル発生!?タクシーにドリアン臭が充満!

ドリアンを食べた後に散歩がてら公園に行きましたが、それでもまだ時間は16時過ぎ。
まだ帰るには早いな~ということで、せっかくチャイナタウンの近くにいますので、チャイナタウンに行ってみました。

チャイナタウンはやたらと賑やかなんですよね。ブーブー笛を吹いている人がたくさん。
その笛はいつかのワールドカップで一大センセーションを巻き起こした(?)ブブゼラという楽器のような感じでして、とにかく至るところで吹いています。

この笛はチャイナタウンで買うこともできるようで。
友人たちがそれを見つけて試し吹きをしたんですよね。日本だったら普通、口をつけたらもう購入するしか選択肢がないかと思われますが、さすがはフィリピン、それを店員に返しまして、何事もなかったかのように過ぎ去りました。。

さて、その後はチャイナタウン近くのGモールというところに。
フィリピンのショッピングモールは入り口でのセキュリティチェックが必須で、そこを通らないと入れません。ちなみに、セキュリティチェックにはガードマンもいまして、男女別々になっていることが多いです。

モールに入りまして、記念に写真を撮っておきました。
さすがは大晦日、お客さんがたくさんいまして、大賑わいです。

モールではゲームセンターでちょっと遊んだりもしましたが、ゲーム機は日本語のものも多いように見受けられました。
日本語のものを輸入してそのまま使用しているので、フィリピン人には文字や言葉が理解できず、かなり難易度の高いゲームとなってしまっていることでしょう。

あとは食料品売り場にも行ったんですが、そこにもガードマンがセキュリティチェックをしていまして、飲み物を持っていたら没収されてしまいました。。

という感じでGモールをいろいろ回りまして、その後、友人宅へと向かうのでした。

移動手段はもちろんタクシーなんですが、なんかタクシーに変なにおいが充満しているようで、、誰かのおしりからロケット砲が発射されたのか?とみんながあたりを見回しますが、全員が否認しています。じゃあこのにおいは何だ?と犯人探しが始まるわけなんですが、その原因はすぐに判明!

それは・・・

さっき食べたドリアンでした。

そうなんです。フィリピン人って、余った料理や食材をテイクアウトする文化があるようでして、ドリアンも何切れか持って帰ってきてたんですよね。
そのドリアンはずっとリュックサックに入れられてたので、広い空間では特に気になりませんでしたが、密閉空間に入ったとたん、ドリアンの強烈な臭いが充満し、その中にいる人たちに襲いかかります。

ドリアンを持っていた人は、とりあえず苦笑い。。

ちなみに、タクシー内に充満したドリアンは、なぜかドクターペッパーみたいなにおいでした。
ドクターペッパー、久しぶりに飲みたいな。。

ということで、ちょっとしたトラブルがありましたが、無事に友人宅に到着です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする