高尾山口の温泉に行ってきた!

2015年の冬、青春18きっぷを使っての旅行、第3弾です。
今回は、高尾山口というところに数ヶ月前にオープンしたという温泉に行ってきました。

青春18きっぷの旅はいつも、朝早い時間に出発します。
きっぷの有効期間は1日しかありませんので、できる限り有効に使いたいですからね。

いつも通り、スタートは川崎駅。
駅の窓口でハンコを押してもらい、南武線に乗り込みます。

南武線で立川駅に向かう途中、矢川駅で非常停止ボタンが押されたとのことで、一時停車するハプニングが!
どうやら急病人の救護活動をしていたようで、結局、13分の遅れが発生しました。

電車の旅は、こういうハプニングもあったりして・・・、いろんなことが起こって、自分だけのオンリーワンの旅になっていきますね。

予定よりも少し遅れて、高尾駅に到着です。
今回の目的地「京王高尾山温泉」の最寄りは、高尾駅ではなく、京王線の高尾山口駅。

歩いて行けるかな~と、まずはGoogleマップにお伺いを立ててみますと、27分かかるという結果に。

一方、京王線を使うと、わずか3分で行けるということで・・・

京王線で高尾山口駅へ。
ちなみに、この駅名、「たかおやまぐち」と読むんだとずっと思っていたんですが、どうやら「たかおさんぐち」と読むらしいです。。

駅からの景色はけっこうグッドです。

高尾山と言うと、やっぱり登山なんですかね。
大きめのリュックを背負って山の方に向かう人たちをけっこう見かけました。

そして、目的地の「京王高尾山温泉」はホントに駅の隣にありまして。
さっそく入ります。

通りを抜けると、ついに温泉が目の前に。

駅の隣なので、ここから駅のホームが見えたりします。

入り口から入ると、まずは天狗がお出迎え。

靴をロッカーに預け、それからチケットを購入します。

新しい温泉だからか、チケットの販売機のところに、サポートしてくれる係りの人が3人も。販売機の操作を手取り足取り教えてくれるので、チケットはスムーズに購入できるのですが、購入後はそのまま受付に行くよう促されまして、、いろいろと写真を撮る時間もありませんでした・・・。

食堂を通り過ぎまして。

2階が温泉です。
もちろん、温泉は写真撮影NGです。。

温泉には、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが完備されてまして、「ノンシリコン」「ラウレス硫酸フリー」という点がアピールされていました。また、シャンプーとコンディショナーは「アルガンオイル配合」らしいです。
というか、ラウレス硫酸とかアルガンオイルって、初めて聞きましたよ。。

また、シャワーのところには、「この水は飲めません」と日本語、英語、中国語、韓国語で記載されていました。
外国からのお客さんも多いということなのかもしれません。

そして、肝心の温泉ですが、全部で5つくらいありまして、それ以外にサウナもありました。
全部に入って2時間くらいはまったりしようと思っていたんですが、、じっとしてられない性格なのか、30分くらいでギブアップ。温泉も全部には入りませんでした。。

ちなみに、アメニティはドライヤー、綿棒、ティッシュくらいしかありませんので、必要なものは持参した方がようさそうです。

温泉に入った後は、少しうたた寝するのもいいですね。

そして、温泉に入った後に飲むものと言えば、コレですね。

そう、コーヒー牛乳です。

このタイミングで飲むコーヒー牛乳は、すごく美味しいですね。
このコーヒー牛乳を飲むためだけでも、ここに来る価値があるような気がします。

ということで、高尾旅行(?)はこれで終了です。
高尾と言えば高尾山、今度は高尾山に登った後にこの温泉に来るというプランもよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする