館山城を見学!南総里見八犬伝と密接な関係が!?

館山城に到着後、まずは中に入らずに周辺を散策します。

どうやら館山城は「恋人の聖地」だそうです。・・・って、本当でしょうか。

城の周囲は立ち入り禁止区域が多数。。

あたり一帯が立ち入り禁止なので、もしかして館山城は工事中で入れないのかと思ったんですが、ついに見つけました。入り口です。

まずは受付でチケットを買います。
お財布にもやさしい300円です。

受付ではなぜか「館山市内から来たのか、それとも市外から来たのか」というアンケートが。
このアンケートでどれだけのデータが取れるのかわかりませんが、とりあえず正直に「市外から来ました」と答えておきました。

「市内から来ました」と嘘をついたとしても、どう見ても館山感が出ていないので、絶対すぐにバレてしまいますし。

さて、さっそく館山城に入りましたが、どこを見ても人が見当たりません。
まさかの貸し切りモードかもしれません。

人がいないせいかと思いますが、係りの人が急いでビデオをつけたんですよね。
お客さんが来るまでは節電してるんでしょうか。。

また、映像コーナーっぽい展示スペースがけっこうあったんですが、これらは全てカーテンでシャットアウトされていました。
そんなところからも、館山城の経営はけっこう厳しいのかなぁなんて思わせられます。

館山城内は撮影禁止でしたので、写真は紹介できませんが、城内には南総里見八犬伝の展示が多数見受けられました。
どうやら館山城と南総里見八犬伝は関連があるようですが、そういった歴史とかはさっぱりわからないので、、まぁそんな感じです。

そして、最後に天守閣?屋上?に行きまして、遠くの景色を見て癒されました。
今日がたまたまなのか、海が近いからなのか、風が強いですね。

ということで、滞在時間わずか10分程度でしたが、あまり時間がありませんので、館山城をあとにしました。

館山城のチケットで博物館にも入れるとのことで、電車の時間が迫っていたものの、せっかくなので行ってみることに。

このパンフレットは、館山城でチケットを買ったときに一緒にもらったものです。

さっそく博物館の1階展示室に入ります。

すると、まず目に入ってきたのは、なぜか縄文時代の展示。
なんでかな~と思いながら中に入っていくと、やっぱり南総里見八犬伝関連の展示を発見!

結局は南総里見八犬伝なのね・・・と思いつつ、隅から隅まで見学しました。
こちらも所要時間は10分程度。あまり時間がなくても、手軽に見学できます。

なぜか、博物館の休憩室はかなり充実してました。
近所の学生が勉強したりもできそうな感じです。

ちなみに、館山城と同様に、博物館も貸し切り状態でした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする