鋸山を歩くこと40分!地獄のぞきや大仏などを満喫!!

チケットを購入後はさっそく中に入ります。

すると、けっこう長い階段がありますので、それを上っていきます。

それから4~5分で、突き出た崖のような場所にやってきました。

これが「地獄のぞき」ですかね。
「地獄のぞき」まで往復40分かかると書かれていましたが、あれはいったい何だったんでしょう。。

もしかして、おじいちゃん&おばあちゃんのスピードが基準になってたりするのかもです・・・。

けっこう急な道なき道を上りまして。

人気スポットのようでして、順番待ちになっています。

順番が回ってきましたので、「地獄のぞき」からの景色を眺めます。
海も見えますし、いい眺めだと思います。

ここから少し下の方を見てみますと、何やら光るものが目に入ってきます。

拡大してみますと、お金だということがわかります。

ご利益があると思った人たちが、神社なんかのノリで、お金を投げるんだと思われます。

さすがにこの断崖絶壁のお金を回収するのも難しいと思いますので、放置されているんでしょうか。
もったいない限りです。。

さて、そのあとはメインの大仏を目指して進みます。

その途中には、観音様というんでしょうか。
石像と思われるものがいろいろな場所に配置されていました。

まずは西国観音。

お次は百躰観音。

そして、あかせき不動。
これは観音という文字がついていませんが、観音様なんですかね。。

あとは、聖徳太子というものもありました。
まさかあの聖徳太子じゃありませんよね。。

これ以外にももっといろいろなものがあったのですが、数が多すぎて写真に撮るのも面倒くさっくなってしまいまして。。
でも、こうやって見てみると、おもしろい表情をしていたりしますので、改めて写真を見ても楽しめます。

ただ、このときはすでに30分くらい歩いていましたので、楽しむ余裕はなかったんですけどね。。

その後も、このような道をひたすら歩きまして。

途中に、大仏までの近道がありましたが、もちろん近道は通らず、本来のルートを選びました。

千社札「貼らないでください」の立て看板。

そして、歩き始めて約40分。ようやく大仏に到着です!
いや~長かったです。。

ということで、鋸山での目的も達成しましたし、そろそろ足が限界に近づいていましたので、ロープウェーに乗って山麓まで下り、浜金谷駅に戻ってきました。

現在の時刻は1時半過ぎ。
次の電車まで少し時間がありましたので、ちょっと遅めに昼食を取ることにしました。

駅前にはいくつかお店がありましたので、その中から「味はな」というお店に入りました。

そして、注文したのがこちらです。

可もなく不可もなく・・・という感じでした。。

お腹を満たした後は浜金谷駅に戻り、そのまま自宅に帰るのでした。

ちなみに、今回の青春18きっぷがこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする