成田から銚子を経由し、銚子電気鉄道で犬吠埼灯台へ!

成田山新勝寺内を散策した後は、その周辺を見てから成田駅に戻ることに。

お土産屋さんと思われる店がいくつか並んでいます。
いつの間にか時刻は10時半になっていますが、オープンしていないお店もちらほら。

あんまりお客さんもいないようですし、経営は厳しそうな気がします。。

その後は何となく雰囲気のある道路を通りまして。

兄弟堂というお店には、こんな貼り紙がありました。

7月と8月の2か月間も夏休みを取るお店って、珍しいですよね。
というか、それでお店としてやっていけるのでしょうか。気になります。

成田山にインド料理屋さん。
このお店の人からしたら余計なお世話という感じだとは思いますが、何となくミスマッチに思うのは気のせいではないはず。。

こちらのファミリーマートは「来年2月まで営業しております!」の貼り紙。

来年2月までで閉店するということでしょうか。
そうだとしてもまだあと半年ありますので、ちょっと気が早いような。。

そんなこんなで、成田駅に戻ってきました。

駅のホームにも成田山の提灯があります。

この後は成田線で銚子駅へ。
80分程度で到着です。

普段の青春18きっぷ旅は基本的にJR線だけを乗り継いでいくのですが、それだと行ける場所も制限されてしまうのがネックです。
今回は銚子半島の先の方にある犬吠まで行ってみたくなったということもあり、銚子電気鉄道を利用することにしました。

銚子電気鉄道の電車がこちらです。
だいぶレトロ感が満載な感じになっています。

車内はわりと普通なんですが、なぜか折り紙がつるされてるのが目立ちます。

銚子電気鉄道のきっぷです。

20分程度で犬吠駅に到着です。

犬吠はけっこう人気のある場所なのか、観光客も多めです。

犬吠駅周辺をざっと散策した後は、海の方へ。

少し歩きますと、海が見えてきます。

海沿いをしばらく歩きますと、犬吠埼マリンパークという建物が目に入ってきました。

「地球の丸く見える展望レストラン」という、日本語になっているんだかよくわからないうたい文句のレストランが入っているようです。

中には入りませんでしたが、マリンパークというだけあって、水族館か何かなんだと思われます。

旅行記を書くために改めて写真を見返してみますと、卵に入っているキャラクターがものすごく気になりますので、中に入ってみればよかったかな・・・と今になってちょっと後悔しています。。

残念ながら、昼間にもかかわらず、海沿いにはクローズドなお店が多い模様です。。

犬吠埼マリンパークからさらに少し進みますと、犬吠での目的地「犬吠埼灯台」に到着です。

犬吠埼灯台は「国産レンガで造られた初の灯台」だそうです。

犬吠埼灯台は有料(たしか200円)のようですが、せっかくですのでチケットを購入することに。

そして、灯台を上ります。

灯台からの景色はこんな感じ。
すぐ近くが海ということもあり、いい眺めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする