何度も迷いつつ、ついに桃園空港行きのバスターミナルに到着!

台北西站A棟に入るとすぐに、「台北地下街」の案内板を発見!
ここも見てみたい場所の1つだったのですが、今回は時間がないので素通りです。。

で、ようやく大きいホールに出たのはいいのですが、桃園空港行きのバスがどこから出てるのか、さっぱりわからず・・・。
またしても、案内所で確認することに。

すると、案内所でまず日本人?韓国人?と聞かれまして。
日本人だと言うと、ものすごい勢いで、しかも日本語で説明してくれるではありませんか!
日本語を話せる人が常時いるのかはわかりませんが、これはうれしい限りですね。

その結果、見せてもらったのがコレです。
「写真撮らなくて大丈夫?」なんで聞かれたもんですので、とりあえず撮っておきました。

案内所のおばちゃん曰く、「PANASONICの看板を目指すように」とのこと。

「この建物も違うんかい!」と思わず突っ込んだかどうかは定かではありませんが、どうやら台北西站A棟から桃園空港行きのバスは出ていないようです。
なので、台北西站A棟をあとにし、とりあえずPANASONICの看板を目指します。

しかし、台北西站A棟を出たはいいものの、案内所のおばちゃんから「PANASONICの看板がどこにあるのか」までは聞き取れませんでした。

ダメ元で台北西站A棟のまわりをざっと探してみたところ、左前方にそれらしき看板を発見しました!

まさにこの看板ですね。思いっきり「Panasonic」と書いてありますし。

ところで、今はPanasonicの看板ですが、これが別の企業の看板に差し替えられたらどうなるんでしょう?もしくはこの看板自体がなくなってしまったら、案内所のおばちゃんが説明するときの目印がなくなってしまいますし、観光客としても目印がないとバスまで辿り着けないので、とても困りますよね・・・。
なんとなく、そんな心配をしてしまいましたが、現状ではPanasonicの看板を目指せば大丈夫そうです。

あと、ビルの屋上にもPanasonicの看板がありますので、これも目印になりそうですね。

ということで、ついにバスターミナルに到着です。

さっそく桃園空港行きのチケットを購入します。
バス会社は行きと同じ國光客運で、125元でした。

これが(半券を切り取られた後の)チケットです。

これで台北市内の観光は全て終わりとなります。
名残惜しい気持ちはものすごくありますが、バスから外の景色を見て気持ちを落ち着かせつつ、桃園空港に向かうのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする