淡水にて台湾名物「なが~いソフトクリーム」を堪能!

淡水にやってきました。
前回の記事で、台湾のベニス「淡水」なんて書いてみましたが、そもそもベニスが何なのかわかっていないってことはココだけの話です。

まずは駅から出て、人が多そうなところを適当に歩いてみます。
すると、海?川?山?が見えるところに出ました。

どうやら「金色水岸」という場所のようです。

この周辺をブラブラしてみます。
似顔絵書きの人たちをたくさん発見!絵心とか全くない人間なので、上手に絵を書ける人は尊敬します^^

とりあえず今回はスルーして。
なんだかバザー?みたいな雰囲気です。

しかし、ここは台湾。
やっぱり市場(とか昨日行った夜市)のようになっていて、見ているだけでも楽しくなってきます。

そして、ここで見つけました。台湾名物「なが~いソフトクリーム」。
台湾に来たら一度は食べてみたいと思ってまして、お腹のコンディションも悪くないので、1つ注文してみました。

そして、受け取ったのがこちら。
ながっ!この長さで崩れないって、もはや職人技ですな。

このソフトクリームをペロペロなめながら、先に進みます。
ちなみに、味はふつーのチョコとバニラです。。

そして、少し歩いたところにはなんと!色とりどりのなが~いソフトクリームが!!
こっちで買えばよかったとちょっと後悔です。。

なが~いソフトクリーム屋さんは至るところにありますので、お店を見比べて、自分の好きな味を買うのがベストです。

続きまして、こちらは揚げ物のお店。
イカがまとごと揚がってます。

こんなお寺?神社?のような場所もあります。

さらに金色水岸を進んでいくと、中正観光市場というところに着きました。

市場周辺では、車椅子に乗ったおじちゃんが歌を歌っており、それを聞いている観客が多数。
このおじちゃん、有名な人なんでしょうか!?

このおじちゃんの奥の建物「美食広場」に入ってみます。

中の様子はこんな感じです。
にぎわってるお店もあれば、お客さんがほとんどいないお店、やってないお店など、様々です。

美食広場の中をとりあえず一周しましたが、「これだ!」と思える食べ物に出会うことができず、そのまま外に出ます。

すると、さきほどのおじちゃんの歌は休憩中の模様。

あたりを見ると、ついに臭豆腐のお店を発見!お店に近づくにつれて、その臭いも強くなってきます。

臭豆腐初体験ということで、ノーマルな臭豆腐をオーダー。
1つ20元、3つで50元ということで、3つ買った方が確実にお得感たっぷりな気持ちになれるところですが、、初体験でその冒険はできず、結局1つだけにしておきました。

作ってるところの写真です。
タレをたっぷりつけてくれています。

そして、できあがった臭豆腐を食べてみると・・・
うーん、なんというか、、けっこう普通の豆腐じゃね?って感じでした。タレのおいしさのおかげで臭豆腐の”臭”の部分がだいぶ緩和されているのかもしれませんが、想像していたほど臭くはありませんでした。

さて、臭豆腐を食べたあとは、再度周辺を散策します。
船が出ていまして、向こう側に渡ることができるようです。

なので、この船に乗って・・・

というのは今回は見送り、次の目的地「紅毛城」に歩いて向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする