横浜中華街で肉まん&小籠包、富士宮で「富士宮やきそば」を堪能!

2014年春の青春18きっぷ旅、第2弾は名古屋に行ってきました。

今回からはその旅行記を書いていきたいと思います。

実家から上野駅に行き、そこで青春18きっぷにハンコを押してもらいます。

ここからJR線を乗り継いで名古屋を目指すわけですが、ただ名古屋まで行くのはもったいないと思い、まずは横浜中華街で途中下車。

横浜中華街を散策していると、「世界チャンピオンの肉まん」という気になる看板が目に入ってきました。

さっそく購入してみます。

肉まんはけっこう小ぶりなのですが、そのかわりに1個90円という安めの価格設定になっています。

味は言うまでもなく、美味しいです。
世界一かと言われると「う~ん・・・」と悩んでしまうかもしれませんが、美味しいという点に関しては間違いありません。

こちらは横浜中華街の老舗「萬珍樓」です。
まだ中国には行ったことありませんが、、完全に中国な雰囲気を感じます。

引き続き、中華街を散策していますと、何やらものすごい行列ができている一角があります。

「鵬天閣」というお店のようで、上海小籠包専門店とのことです。

これだけ行列ができていれば間違いなく美味しいだろうと思い、さっそく列の最後尾に並びます。

テレビ番組のリアルスコープでも紹介されるほどの小籠包だそうです。
これはイヤでも期待が高まります。

作ってるところが見られるようになっています。
見られるのってどんな感じなんでしょう。気持ちいいのかな・・・なんて、そんなことありませんよね。。

待つこと約15分、ついに小籠包をゲットです!
先ほど肉まんを食べたばかりですので、少なめにしておきました。

やっぱり小籠包は美味しいですね~。
いつか本場に行って食べてみたいものです。

お腹も満たされましたので横浜中華街の散策は終わりにして、次の目的地に向かいます。

乗った電車が大船行きでしたので、一旦乗り換えまして。

熱海でさらに乗り換え。

富士駅で身延線に乗り換えまして、次の目的地「富士宮」に到着です。

富士宮に来た目的はもちろん、「富士宮やきそば」です。
駅前に「麺ズ STATION」というお店があり、そこで食べられるということで来てみました。

駅前でアクセス良好なため、お客さんはけっこう入っています。

こちらが富士宮やきそばです。450円。

横浜中華街で小籠包を食べてから3時間半が経過していましたが、お腹はそこまで空いていませんので、ちょうどいい量でした。
逆に、お腹が空いた状態ですと、ちょっと物足りないかもしれません。。

富士宮の駅前からは富士山が見えます。
残念ながら、この日は雲で山頂が隠れてしまっていますが。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする