ブキッ・ビンタン通りのマッサージ屋さんとセブンイレブン

アロー通りの屋台でお腹が満たされ、ブキッ・ビンタン通りでのマッサージで足も軽くなりました。

ということで、マレーシア初日で疲れもたまっていましたので、そろそろホテルに帰って休むことに。

マッサージ屋さんは相変わらずお客さんに猛アピールしています。

他にもちょっと怪しげなお姉さんたち(…というか、おばちゃんと言った方がいい人たちもいましたが。。)も「マッサージ」とか「マッサッサ」と言いながらアピールしてきます。

というか、「マッサッサ」ってなんだろう・・・?
マレー語?それとも言葉をちゃんと聞き取れてないだけなのかなぁ。。

また、それ以外にもおじさん(おじいさん?)までマッサージを勧めてきます。

ブキッ・ビンタン通りは、本当にマッサージだらけ、マッサージ天国という印象です。

それから、ホテルに帰る前に、ホテルの横にあるセブンイレブンに寄ってみました。

お店の中は日本とそれほど変わりませんでしたが、マレーシアは日本よりも暑いはずなのに、、店内はぜんぜん涼しくなく。。

ミネラルウォーターとかジュースを買って帰りましたが、それらもかなりぬるかったです。
マレーシアの人たちはあんまり冷たいのは好きじゃないのかな・・・?

ようやくホテルに帰った後は、部屋の中をいろいろ確認してみました。

agodaのサイトにも書かれてたような気がしますが、想像以上にアメニティが少ない!

あったのは、シャンプー、コンディショナー、せっけん、ドライヤーくらい。。
ティッシュすら見当たりません。。。

これだけアメニティが少ないと、女性はちょっと満足できないかも。

でも、1泊5000円くらいなので、ホテル代を節約したいならアリかもしれません。

あっ、書いてて思い出しましたが、アメニティ?というか、無料のミネラルウォーターが2本ありました。

水道水を飲めないマレーシアでは、けっこう嬉しいですね。

ということで、こんな感じで1日目が終わりました。

やっぱりだいぶ疲れていたのか、その後はすぐに眠ってしまいました。。

ちなみに、iPhoneの時計をマレーシア時間に合わせる方法がわからなくて放置していたところ、いつの間にか自動的にマレーシア時間になっていました!

iPhoneのすごさを再認識させられました^^